K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

【SM64DS】空中ダッシュバグとそれによる坂上り

皆さん、こんにちは。雪圀です。
今回は久々にスーパーマリオ64DSで発見したバグについて解説していきます。



先ず僕が発見したのは「空中ダッシュバグ」とそれを利用した「坂上り」です。
早速「空中ダッシュバグ」から解説していきましょう。

空中ダッシュバグの前に

空中ダッシュバグを解説する前に、絶対に伏せて滑らない方法についてと、スライド
バグ、そしてエネルギー放出とエネルギー保存について解説しなければなりません。

最初に「絶対に伏せて滑らせない方法」というのが何故必要なのかと言うと、伏せて
滑らせてしまうと滑っている途中でジャンプが行えない為です。
やり方は非常に簡単で、しゃがむだけです。しゃがむだけでプレイヤーが坂に対して
どの角度であろうと座って滑ります。例え後ろ向きであったとしても。

次に「スライドバグ」について。スライドバグは、後ろ向きに座って滑っている状態
でRを押しているとしゃがみながら滑った向きとは真逆にスライドするというバグ
です。図で解説します。

f:id:ryoryoau24:20180617200900p:plain
(Side View)

滑る方向に対して真逆の方向を向き座って滑ります。そしてある程度速度を付けた
ところでジャンプをします。

f:id:ryoryoau24:20180617201447p:plain
(Side View)

(ちょっと軌道おかしくない?って思ったらごめんなさい・・・)
そして着地すると同時にRを押しておきます。

f:id:ryoryoau24:20180617201824p:plain
(Side View)

すると滑った方向とは真逆方向にスライドをするわけです。

最後に「エネルギー放出」。これはヤバいです。
先ずスーパーマリオ64DSではヨッシーが舌を出しているとき、またはヨッシー以外の
プレイヤーでジャンプキックをしたとき、それを行っている間はx, z軸の速度を落とす
こと無く放出し続けることが判明しました。
例えば以下の図のように、坂を上って左側に行きたいとします。

f:id:ryoryoau24:20180617204635p:plain
(Side View)

すると、普通は以下の図のように滑って右側に戻ってしまいます。

f:id:ryoryoau24:20180617204924p:plain
(Side View)

しかし、エネルギーを放出することで以下の図のようにスイスイ行けてしまうの
です。

f:id:ryoryoau24:20180617205326p:plain
(Side View)

これだけでもある特定の箇所で役立ちそうなんですが、ここでスライドバグの
エネルギーの放出はどうするのか、についてです。スライドバグのエネルギー放出は
ジャンプした時点で放出可能となっており、つまり、エネルギー保存がされている
(当然ながらエネルギー保存則のことでは無い)ということが言えます。
ということは、スライドバグは空中でも行えるということが言えるのです。

空中ダッシュバグ

この空中で行うスライドバグを「空中ダッシュバグ」と呼ぶことにしました。この
空中ダッシュバグはヨッシーのみ使えるバグです。他のプレイヤーでは使えません。
理由はやってみれば分かると思います。
では図で解説します。

f:id:ryoryoau24:20180617215717p:plain
(Side View)

先ずは滑る方向とは逆方向にし、しゃがむことで座って滑ります。次にある程度
滑ったら、ジャンプ。
そして空中で舌を出し、保存されていたスライドバグのエネルギーを放出します。

f:id:ryoryoau24:20180617215742p:plain
(Side View)

すると、このように空中でダッシュしたようになります。

壁上り

この空中ダッシュバグは連続で行えるので、それを利用した壁上りも出来るという
ことになります。では、実演していきます。

終わりに

この空中ダッシュバグによる壁上りの長所は

・他の壁上り法に比べ簡単にスイスイ上れる
・急斜面な坂でも上れる(他の壁上り法では出来ない)
・真っ直ぐに上れる

です。逆に欠点は滑る方向とは真逆の方向にしか登れないことですね。このバグ
は最初から出来る簡単なバグなので是非試してみてはいかがでしょうか。



以上です。久々のバグ解説でしたが正直今回のは上手く伝わったのか分かんない
です(^^ ;)
まぁ動画は載せたし、分かるでしょう。多分。

今回はこれくらいにしときます。