読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

適当に良作ゲームを紹介する 第二話「星のカービィ2」

このシリーズは、それなりに知名度はあるはずなのに何故か話題にされることが
少ない(気がする)良作を敢えて紹介することでそのゲームを再認識してもらおう
という目的で作られたものである。

皆さん、こんにちは。雪圀です。今回は、星のカービィシリーズのある作品の話題
が少なく感じたので紹介します。


今回紹介するのは、「星のカービィ2」です。

星のカービィ2
発売1995年3月21日
プラットフォームゲームボーイ
メディア4MbitROMカセット
発売元任天堂
開発元HAL研究所
ジャンルアクション

「3」程では無いにしても、「初代」や「スーパーデラックス」、「夢の泉の物語」、
鏡の大迷宮」と比べたらやけに話題にされることが少ない気がする(もしかしたら
あるBGMがMAD素材になってたりする今では(今でも無いが)「3」よりも話題に
されることが少ないんじゃ・・・)。
ゲームボーイ衰退期(「ポケットモンスター 赤・緑」が出る前)の作品だから
なのか?しかしこの作品の売り上げは一応ミリオンを達成しており良いところも
普通にある。それにも関わらずこれはおかしいと思う。このブログでは何回かこの
作品について紹介したが、一部のみなので、細かく掘り下げて紹介しようと思う。

先ず「星のカービィ2」と言ったタイトルに数字がついている作品にはカービィ
生みの親である桜井政博氏が関わっておらず、また真エンドが存在するといった
シリーズの中でも毛色の異なるシステムであることから、ファンの間からは数字の
付いているカービィ作品を「数字カービィ」と呼ぶことが多い(「64」も該当
する)。

以下が「星のカービィ2」のストーリーである。

プププランドに、「虹の島々」と呼ばれる虹のかかった7つの島があった。しかしある日、島々にかかった虹がダークマターによって奪われてしまう。奪われた虹を取り戻すため、そして今回の事件の元凶であるダークマターを倒すため、カービィは新たな仲間と共に立ち上がる。

カービィWiki」より抜粋。

ということでシステムを深く紹介しよう。
星のカービィ2」のカービィは、ひとりで冒険するのでは無く、3匹の「仲間」
とともに冒険する。この仲間について詳しく解説していく。

  • リック

「氷の床」等の影響を受けず歩くことが出来る。それ以外はカービィと一緒であり、
一応完全クリアには必須の存在だが、あるテクニックを使ってしまえばリックが
いなくとも完全クリアは可能である。また合体時はホバリングが出来ない等
デメリットもかなり大きい。不憫な子。
使えるとすれば、「仲間」合体時は体力が2倍になるので、しのぎにはなるぐらいか。
まぁ、それでもほかの「仲間」の方が使えるのでそっちの方を使うが

  • クー

空を飛べる。横方向にも飛べるので、「リック」よりも素早く移動出来てしまう。
「床」も全く関係無い、強風も無視出来るというリックの完全上位互換である
「3」では(多少無理やり感もあるが)「リック」「クー」の差が改善されていく。

  • カイン

水中を快適に泳げる。また逆流に逆らえる。陸部分では「リック」よりも扱いづらい
が、コピー能力はぶっちゃけ「リック」よりも使える為、慣れてしまえば「リック」
にも劣らない。
もう「リック」いらないんじゃないかな

ここで一つ、このゲームの難点を紹介しておこう。
・・・明らかにバランスがおかしい。特に「リック」があまりにも不憫すぎて
かわいそうである。まぁ、「3」では(まだバランスにおかしいところはあるものの)
改善されたのだが。
まぁ、「リック」の項に「テクニックが使ってしまえば」と書いたと思うが、
そのテクニックが難しいのがまだ救いか。あと「クー」は操作しやすいというわけ
でも無いので安定した操作をするのであれば、「リック」を選ぶのもありだとは
思う。

次に、「星のカービィ2」での他とは異なる仕様を紹介する。

星のカービィ2」はスコアが保存されるという他の作品とは違う仕様が存在する。
スコアがカンストすると、スコアを加算するたびに1UPするようになる。まぁ、
9,999,990点なんて気が遠くなる程の数字ではあるが。
レベル制であり、各レベルのボスを倒してクリアした後ボス部屋に入ると、星の
かけらを集めるミニゲームが楽しめる。PERFECTも出来るが、ちょっと難しい。

このゲーム特有の仕様はこれぐらいだろうか。あとは他作品にもあったりする。

次に、「星のカービィ2」の真エンドの条件を紹介しよう。
真エンドの条件はただ一つ。「各レベルごとにある『虹のしずく』を全部集める」
ことである。
この「虹のしずく」がすべて集めるのに苦労するんだよね。なんかかなり無茶な
ことをする必要があったり、前情報無しじゃなかなか行けないところがあったり。
で、「虹のしずく」をすべて集めても、「真のラスボス」とかいて、それもまた
難しいし。

まぁ、「星のカービィ2」のボス自体倒すことが難しいのだが。正直言って「3」
よりも難しい。「3」のように「ぼすぶっち」が100%クリアに必須じゃなくて
本当に良かったと思う。それぐらい。クリアはしたけど今でも余裕でクリア出来る
自信無い。「3」は余裕で行ける自信はあるんだけどなあ・・・。
まぁ、「ぼすぶっち」の高難易度の原因が仲間が使えないっていうのもあるけどね。
特にカインが使えないのは辛いかも。カインがいた方が明らかに楽なボスとか
いるし。
全部が全部、(ウィスピーはまだクソザコナメクジな方だけど)フェイントかけて
きたり、自分が不利な状況で突進してきたり、色々難しい。

だから、「星のカービィ2」はカービィシリーズの中では比較的難易度は高め。
つまり、初心者にはお勧め出来ない。
中級者には向いてるんじゃないかな?上級者が楽しめる程の難易度でも無いから。

その他にも細かな点を紹介すると、スーパーゲームボーイでやったときに、専用
の効果音が鳴るとかかな。タイトル画面で拍手音があったり、レベル7「ダーク
キャッスル」で雷鳴があったりする。「星のカービィ2」はスーパーゲームボーイ
専用の音楽、効果音がある数少ない作品として(一部かもしれないが)知られて
いる。
因みに完全に余談だけど、やるなら「スーパーゲームボーイ2」でやった方が
いいと思われる。「スーパーゲームボーイ」、何故かBGMのピッチが高めだし、
再生速度も速いんだよなあ・・・。スーパーファミコンでやってるからってのが
理由だろうけど。

良いところを紹介していくと、仲間合体時のコピー含めて28種類ものコピー能力
が存在する。「3」が登場するまでは「星のカービィ2」がコピー能力
の数が最大だった。仲間合体時含まなかったら流石に前作である「夢の泉の物語
よりは少ない。
それとゲームボーイ作品の中では比較的ボリュームが多い方で、普通にクリア
するだけでもそれなりに楽しめる。つまり、やり込めばもっと楽しめる。
BGMもいい。特にレベル6「クラウディパーク」とレベル7「ダークキャッスル」
のBGM辺りが人気。クーのテーマも人気があり2回ぐらいアレンジされている。

悪いところは、一部の虹のしずくが若干無茶な方法で取る必要があるってのと、
ボスの再戦が出来ない(これは「夢の泉の物語」でも言える難点だが)ので、
「このボスとだけ再戦したい!」ってのが出来ないことと、前情報無しじゃ
完全攻略が難しい。あとは前述の仲間のバランスの悪さ。
これぐらいで、しかも大して目立つような欠点でも無い。


何ともハル研らしい、良質な作品である。確かにカービィシリーズの中では
地味ではあるけれど、決して悪いわけでは無い。
カービィらしさもちょっと異色なシステムではあるけど、失われてるわけでは
無いしね。
流石ハル研、そうとしか言いようが無い良作である。

今回はこれくらいにしときます。