読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

ソーシャルゲームにあるガチャ商法について。

最近、このような記事を見かけた。

ソーシャルゲームにあるガチャは、賭博罪にあたるものである。」

確かに言いたいことは分かる、分かるのだが・・・これは該当しないと思う。
どうせ内閣府が言いたいのはこうだろう。

「パチンコは金が景品として戻り、それを交換するために賭博として認め
られていない、また、競馬は馬の投票権を購入してるだけであり、そして
国側が税金をもらっているので賭博として認められないが、ガチャは国の
税金には関与していない、当たったものも売ることが出来ない。これは
十分に賭博罪と言えるのではないか。」

と、確かにガチャには税金は関与していないし、ガチャで当たったものは
売ることも出来ない。それは確かに賭博罪・・・だが、ガチャでレアなもの
が当たったそのデータを売ることなら出来る。そして、これは個人的見解で
しかないが、ガチャは所謂電子での福引であるとも言え、どちらかと言えば
富くじ罪にあたるかもしれない。しかし、福引自体は、富くじ罪にあたらない
ものであるとされている(Wikipediaより)。つまり、賭博罪、富くじ
の何れにも該当しないわけである。よってガチャを賭博罪に該当させるのは
間違っている。富くじ罪に変えたとしても、該当させるのは間違っている
ので何の罪にも値しない。


しかし、法とは関係なく、このガチャ商法は全面的に抑えるべきだと僕は思う。
先ず、何故金を費やして運ゲーをしなければならないのか。「レアが当たる
まで金を費やす」、これは「金を何万費やしてまで運ゲーをやる」のと同義
ではないか?
課金ゲーは存在してはいけないとは言わないが、「これってゲームとして本当
に面白いのか?」と思う。例えば、厳選して強いもので戦わせるゲームとして
ポケモンがあるが、個体値厳選をリアル現金を使ってまでやりたいと初代から
やってるファンは思うだろうか。少なくとも初代からORASまで全てやった僕
からすれば、「絶対にやりたくない」。そんなことされたら、一瞬でポケモン
ファンをやめる自信がある。
すんごい悪く言えば、課金して「マインドシーカー」をしてるともとれる。
マインドシーカー」はクリアそのものが運であるため、一応は課金しなくとも
クリアできる仕組みにはなっているソーシャルゲームと比べるとこっちの方が
はるかに良作に見えてくるレベルだが、もしそのソーシャルゲームの内容が
ガチャだけであれば(まぁありえないだろうとは思いたい)、そりゃまんま
課金して「マインドシーカー」をやるようなものである。

何というか、何故ソーシャルゲームでガチャ商法が今更になって出てきたのか、
僕は疑問に持つ。何故なら、課金コンテンツ自体はそれより前に存在し、いつ
でもガチャ商法が出来たはずであろう、と思うからである。
このことから僕は「単にそれまでガチャ商法が知られてなかったか」或いは
「有料でガチャをすることは、反道徳的行為であるために、今までメーカー側
がやるのを躊躇っていたのでは無いか」と推察した。もし後者であれば、
「最近のゲームメーカーは道徳心が足りてない」と言える。事実、企業として
最悪な態度をとったソーシャルゲームを主軸とした会社も存在するし、僕的に
言えば、やっぱり「道徳心がない」。そう思う。

課金させるにしても、それは確定要素であるべきだと僕は思う。今までが
そうだったのに、何故課金ゲーで運要素をつける必要がある?
もし確定要素じゃないにしても、限度というものがあるだろう。何百万もかけて
やっと超レアものが手に入れたとか言ってる人もいるけど、その時点で異常だ。
そんなに課金するよりも普通にゲーム機買って有料DLCがあるゲームを買う方が
まだ経済的である。

あと道徳心がないというのには二つ目の理由があって、それは「ガチャにキャラ
を賭けていること」である。これって人によっては「人身売買」を思い起こさせる
のでは?と思う。何も賭けるものがキャラじゃなくても物で良いだろうと思う。
そりゃキャラの方が人が集まりやすいだろうが・・・まぁ、キャラだとしても普通
に重複したりするらしいし、そこは深く考えてない人の方が多いのだろう。


僕が言いたいことは、ただ一つ。「確かに、ガチャ商法は法には反していない
だろうが、道徳的にどうだろうか。課金は確定要素でないにしても、確率は抑える
べき」である。



以上です。
これは、僕自身の考えであって、皆さんの考え方そのものを否定するわけでは
ありません。参考にするか、「こんな考え方の人もいるのか」と思うか、
または、「自分はそうは思わない」と思うだけにしてくれると嬉しいです。
ただ、単なる悪口コメントだけは、お控えください。


今回はこれくらいにしときます。