読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

久々、そしてキレたいこと。

ゲーム 批判

久しぶりです。1ヵ月-3日ぶりの投稿となります。雪圀です。


さて、久々に書く記事がこれで申し訳ないのですが、とりあえず、大分前のことに
キレたくなったことを書きます。


それは誰もが期待しなかったであろうタイトル、
メトロイドプライム フェデレーションフォース」のミニゲーム?部分のみを
収録した、無料配信の「メトロイドプライム ブラストボール」というゲームに
ついてです。

流石にゲーム自体は悪くても凡作レベルだろうとは思っていましたが、まさか
あそこまで酷いとは思いませんでした。はっきり言います。これはクソゲー
です。
確かに無料なので金銭的被害はないという点は評価できる。というより、本当に
そこしか評価するところが見当たらない。


先ず、今作の概要として、ビームで球を撃ち、転がしてゴールまで行かせると
いう、サッカーのようなものである。
視点は所謂FPSのそれであり、ボール自体はロックすることでずっとカメラに
捉え続けることが出来る。
ただ、問題は操作性、敵・味方AI、ゲームバランス、仕様。この4つに起因
する。

最初に操作性についてだが、3D視点のゲームで間違いなくスライドパッドの
方が合っているのに、スライドパッドの方が操作性が悪いという点である。
今作ではBを押すことでジャンプ、サイドホップの2つをすることが出来る。
ジャンプは左右以外に傾けてBで出来、サイドホップは左右どちらかを傾けて
Bで出来る。
この判断基準が問題で、左右に傾けてBを押してもサイドホップしないことが
ある。そう、このサイドホップ、実は本当に真横に傾けてBを押さないと
してくれないのである。「ゼルダの伝説 時のオカリナ」に慣れてる人
だったら、なおきついだろう。

次に、敵・味方AIについてだが、これが非常に残念である。今作は
コンピュータとタッグを組み、敵のコンピュータチームと3対3で対戦が
出来る。
この時点で既に疑問を抱くが、この味方AIと敵AIの差が酷すぎる。敵AIは
それなりに賢いが、それとは逆に味方AIが馬鹿すぎる。
その違いとして、敵AIはゴールをディフェンスするのだが、味方AIはそれを
しない。「ディフェンス!」とか言ってもこの馬鹿さでは味方AIは理解して
くれないのは当然だろう。因みに本当にしてくれない。
つまり、自分でディフェンスするしかないのである。そちらの方が勝てる確率は
高いというのが、それを証明している。
また、この味方AIの馬鹿さはこれだけではない。なんと、この味方AIは自分の
ゴール手前であったとしても、ただひたすら撃つだけで、オウンゴールして
しまうことなんて全く気にしない。つまり、平気で自殺点を入れようとするので
ある。ここで僕は疑問を抱く。「こいつらは、本当に味方なのだろうか?」と。
きっと味方AIも敵AIとグルで、実際のところ3対3ではなく、1対5なのかも
しれない。例えどんなに論じたとしても、この仮定にしか辿り着けないだろう。

そしてゲームバランスだが、何というか、悪い気味の大味である。
敵・味方AIの差の時点でゲームバランスは悪いのだが、そのゲームバランスを
無理矢理直そうかのごとく、とてつもなく強力なビームがアイテムとして存在
する。今作のプレイヤーは一定数撃たれると故障し、乗っていた人ははじき
出され、再度乗らなければならない(はじき出されないこともある?)。
その強力なビームは味方全員を、確実に故障させる。つまり相手が動かない
まま、そのままゴールまで持って行けてしまうのである。何というか、逆転
要素にしてはあまりにも極端すぎる。これ以外にもアイテムはあるが、特に
目立つようなものはない。寧ろこれとバリアぐらいしかなかったような気が
すると言うまである。いや、本当にないのかもしれない。

最後に仕様。先ず味方AIと協力して敵AIと戦えるということ自体ゲームと
して意味不明だし(それ以外にもモードはあるが1対1で敵AIと戦うだけで
ある)、そして何故かレートが存在する。意味不明を通り越して最早今作の
存在意義とは何なのかすら分からない。
そしてこのレートにも問題がある。なんとこのレート、引き分けでも下がる
ことがある。例えば賞金5万円のサッカーの試合があったとして、引き分けで
終わったとしよう。普通なら賞金は両者に出ない、もしくは両者に半分ずつ
出るかであるが、前者であったとして、相手側だけに2000円の賞金が出る
のである。つまりブラストボールのこの仕様はさっきの例と一緒で、普通
ならこれはルール違反である。したがって、ゲームとして成立してるか
どうかも怪しい。成立してたとしてもルールに穴があるので、これではすぐ
にスポーツ団体から廃止命令を下されるだろう。


ゲーム内容からしてガッカリゲーの匂いはぷんぷんしていたが、ゲーム自体は
しっかりしているだろうとは思っていた。しかし、まさかゲーム自体も
ガッカリゲー、それどろこかクソゲーだったとは思わなかった。ガッカリゲー
の匂いがぷんぷんするゲームは大抵、凡作か、良い意味で期待を裏切るゲーム
だったケースは数多い。だが、この作品はガッカリゲーの匂いをぷんぷんさせ、
なおかつ悪い意味で更に期待を裏切った、非常に稀有なケースである。話題に
すらされてないが、こんなクソゲーでは、話題にすらされないのも当然であると
言える。
僕はこのゲームをやって、ジャンル自体は結構違うが、「Splatoon」は
良く作り込まれていたのだな、と思った。似通った部分は結構あるので個人的
には「Splatoon」を見習ってほしいところ。
もしこれがパッケージであれば、僕はこれをボールに見立ててゴミ箱に投げ
捨てていたであろう。しかし、実物が無いのでこの怒りがぶつけられないのが
残念である。
結論としては、このゲームは無料であったとしても、メトロイドシリーズファン
は特に買うことをお勧めしない。このゲームはメトロイドシリーズの恥である。
メトロイドであるとも思いたくない。



今回はこれくらいにしときます。