K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

【マリオ VS. ドンキーコング】ジャンプ加速法についての補足

ジャンプ加速法で補足しておきたいことを書きます。


http://ryoryoau24.hatenablog.com/entry/2016/06/17/133732
↑ジャンプ加速法の概要についてはこちらを参照。

ハイスコアを目指す際に結構必要となるジャンプ加速法。今回はこれを妥協
しなければいけないときがある、ということを解説します。

先ず、ジャンプ加速法を連続でしてはならない条件が2つあります。

1つ目は、そこまで歩行距離が無いこと。
2つ目は、ある物体に近い状態であること。

1つ目については、最早当たり前のことでしょう。少し歩けば到達できる距離
であればジャンプ加速法をする必要が無いです。寧ろ、ジャンプ加速法をした
方がタイムロスをする場合があります。

図1のような状況であったとします。

f:id:ryoryoau24:20160626200536p:plain
図1 到達できる点Aとマリオ

点Aより向こう側もあるとします。マリオはジャンプをするとどうなるの
でしょうか。

答えは簡単。このぐらいの距離であれば点Aは普通に通り越してしまい
ます。つまり、その分到達できる点Aに戻らなければならず当然のごとく、
タイムロスをしてしまいます。

ジャンプの距離を小さくすれば良いでは無いか、という話ですが、これもダメ
です。

理由はかなり普通のことですが、確かにジャンプの距離を調整すれば、歩行で
直接行くときと同じ距離にすることはできます。しかし、時間は歩行してるとき
の方が数倍かかりません。何故ならジャンプには滞空時間があるからです。
図2のようにジャンプの軌跡を直線にするとより分かりやすいと思います。

f:id:ryoryoau24:20160626203208p:plain
図2 ジャンプの軌跡を直線にした際の距離との比較

図2のとおりジャンプの実際の距離は歩行の距離と比べて非常に遠いことが
分かります。確かにジャンプの着地点がAとなるので最大距離までジャンプをして
Aに戻るよりは早いですが、歩行よりは遥かに遅いです。

以上のことから、ジャンプは絶対に最大距離に到達できるジャンプでないと
いけない、ということが分かりました。

2つ目のある物体に近い状態、とは。これも普通のことです。もし図1のマリオが鍵を
持っていたとして到達できる点Aが扉だったとしたら、歩行した方が絶対に早いです。

ここで気をつけなければならないことは、もし近くの物体がスイッチであった場合、
です。これに関しては最後の前のジャンプを歩行に変えなければなりません。
分かりやすい例を図3に示します。

f:id:ryoryoau24:20160626205740p:plain
図3 最後の前のジャンプ妥協による距離の短縮

灰色の軌道だと最後のジャンプの滞空時間により、SWまでの距離が長くなって
しまい、タイムロスをしてしまいます。つまり灰色の軌道ではダメなわけです。
黒の軌道だと、特にこれと行った距離の無駄が無く、これが一番の最短距離
だということが一目で分かると思います。


以上、ジャンプ加速法についての補足でした。

今回はこれくらいにしときます。