読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

BGMで振り返る星のカービィの歴史5

アニメカービィブルーレイで発売されないだろうか・・・。


ロボボプラネットやってたので遅くなりました。さて、再開だ。あともう少し
で僕の苦汁も再開だ(涙)。GW終わるのが辛い・・・。


Kirby & The Amazing Mirror - Space Area
星のカービィ 鏡の大迷宮 2004年4月15日発売 対応機種:GBA
カービィの中では最も迷いやすいゲーム。方向音痴には間違い無くお勧め
出来ません。
大迷宮なので、迷いやすいのも仕方ないだろう。何故迷いやすいのかと言う
と、ゲーム進行の自由度が高いというのが要因。エリア1のボスでは無く、
急にエリア9のボスから倒すことも可能である。まぁ、最終的にはラスボスに
繋がるわけだが。やり込むと更に迷いやすくなり、攻略本無し、もしくは
メモを取らないでいると完全クリアは厳しいかもしれない。
だが自由度が高く、やってて楽しいのは事実だ。普通にクリアするだけでも
ボリュームは満点で、中々飽きることの出来ないソフトである。でもデデデ
が出なかったのはどうにかならんかったのか。
本作は4色のカービィがおり、もしピンチになってしまった場合携帯通信機
で助けを呼ぶことも可能である。ただAIはお世辞にも頭が良いとは言えない
のだが。
今作は迷宮に散らばるディメンションミラーの欠片を集めるだけで無く、
宝を集めるのも本作の味。ここで分かったと思うが本作はSDXの
「洞窟大作戦」を本編化させたような内容となっている。とは言え、
広大な一本道では無い位の大きな違いがあるが。「洞窟大作戦」では
ステージを順に進めていくが本作ではばらばらにステージをクリアして
良い為そこが大きな違いと言える。だから「洞窟大作戦」好きにお勧め
という人が多いが僕はそうとも思えない。
因みに本作は「スマブラ」というコピー能力が出ている唯一のソフト
であった。が、ロボボプラネットで再登場したことにより、本作唯一
の特徴であったと言えよう部分が若干薄くなってしまった。まぁ、
本作のスマブラは強すぎなのでそれを批評するファンもいるだろうが。
本作はカービィ生みの親、桜井氏が関わったカービィ最後の作品で
ある。本作以降カービィシリーズに全く関わっていない(スマブラ
例外)。


Kirby Canvas Curse Music - Track 10 - Contrast Cave
タッチ!カービィ 2005年3月24日発売 対応機種:NDS
カービィ番外の中では最も異色作である。虹を引いてタッチでカービィ
を導き、謎の魔女を倒していくのが本作の大体の流れ。因みに本作は
プレイヤーも登場人物として描かれている、珍しい作品でもある。
世界観は絵画そのものであり、背景は芸術性が高い。実は続編となる
「スーパーレインボー」のフィギュア鑑賞の背景にある額縁に飾られ
ている絵にも本作の背景が使用されている。
曲もどこか異彩を放つサイケ調のBGMでしかもほぼ全てがアレンジで
あった為賛否が分かれる。良いアレンジだとは思うが。
普通にクリアも難易度が普通に高いのだが、完全クリア難易度は非常
に高い。特にサブゲームで手に入るメダルはかなり鬼畜。
また本作を完全クリアするにはカービィだけで無くクリア後に追加
されるワドルディやデデデ、メタナイトワドルドゥもクリアする
必要があるので、ボールの個性が豊かな分非常に面倒くさく人に
よっては作業だと感じるかもしれない。
ラスボスはカービィシリーズ史上最もグロい。USDXのマルクソウル
より遥かに気持ち悪い。因みに本作以降参ドロと番外シリーズを除く
全ての作品のラスボス名は「ソウル」と付いている。


Kirby Squeak Squad: Stage Music 3
星のカービィ 参上!ドロッチェ団 2006年11月2日発売 対応機種:NDS
カービィの中では最もダメな作品。決して駄作では無いのだが、駄作
と評するカービィファンもいる。
先ず不評の原因として挙げられるのはボリュームの薄さ。1,2時間
程度で完全クリアすらも可能である。理由はちょくちょく出てくる
めちゃくちゃ短すぎるステージであろう。1,2エリアほどしか無い
ステージが存在する。しかも中には宝箱が取れるか取れないかだけ
で構成されているステージもある。そのステージには敵もいない。
次はカービィとしてのシナリオの悪さだろう。カービィはそれ
なりに良いシナリオが用意されており、特に終盤のシリアスさは
必見であったりする。しかし本作の流れはケーキが何者かに
盗まれたのでその犯人を捜す。そう、ただそれだけが目的で
デデデ大王ドロッチェ団はカービィに倒されることになるので
あり、最早誰が悪いのか、と疑いたくなる。
それと新システムの必要性の薄さ、これも不評の一つだろう。本作
は胃袋にシャボンに入った物をストックすることが出来る。食べ物
もストックできる点に関しては3DX、ロボボプラネットに受け継が
れているのだが、その要素もダメ。そのシステムの特徴として特筆
すべきはコピーがミックスできる点であった。しかし、ソードと
3つの他のコピー能力しかミックスさせることが出来ない。それ以外
はルーレットが起こるのみ。つまりある必然性がほぼ無い。
そして最後にラスボスの弱さ。そして名前。ダークゼロという如何
にも取って付けたような名前であり、その名前とは裏腹に史上最弱
の弱さを誇る。ダークドロッチェの方が明らかに強いということも
あり、真のラスボスはダークドロッチェとすら言われている。
後これはやらなくても完全クリアとなる為あえて不評の原因には
入れていないが本作のエキストラは実質ただのタイムアタック
というある必要性を感じないものとなっている。
ただ難易度は低く、テンポが良く手軽なのでカービィ入門編と
しては最適なのかもしれない。


今回からおまけがありません。もう紹介しきった気がするので。

今回はこれくらいにしときます。