読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

『星のカービィ ロボボプラネット』評価点・難点まとめ

2016/05/14更新。

星のカービィ ロボボプラネット』 95点 S
ポイントタグ:【良作】【良曲質】【高難易度】【ファン向け

全体的な評価
楽しさ・・・Excellent!
ゲームバランス・・・Very good
曲・・・Excellent!
グラフィック・・・Excellent!
前作との比較での評価
参ドロ<USDX鏡の大迷宮<3DX<初代<2<夢の泉DX≦夢の泉<64≦3
Wiiロボプラ<SDX

特徴
今作は『星のカービィ トリプルデラックス』から2年後に発売された本編
カービィの新作。
今作ではキカイ化されたポップスターを救う為にカービィが悪の根源に
立ち向かうと言うのが大まかな流れ。
◎ゲームスステム面
・空気を吸って飛んで、敵を吸い込んで能力をコピーするのはいつも通り。
・今作もSDX方式を採用しており、体力がゲージ制でガード可能。
 その場回避も続投。
・今作の一番の特徴はなんといってもロボボアーマーであろう。
 ⇒どこかにあるロボボアーマー(最初は敵から奪う)に乗ることで今まで
  壊すことの出来なかった物を壊すことが出来るようになる。
  ⇒このロボボアーマーもコピー出来る敵の前でBを押すとスキャンをし
   コピーをすることが出来る。中にはそれがステージの主となるもの
   もある。
  ⇒ステッカーを貼ることで自分好みのデザインにすることも可能。
◎モード
・ストーリーモード
 ⇒メインモード。内容は上述の通り。
カービィの3Dチャレンジ
 ⇒3Dのステージで敵を吸い込んで吐くゲーム。吸い込んで吐いて敵に
  当てることでコンボにつながる。
・みんなで!カービィハンターズ
 ⇒モンハンのパクリかな?仲間とともにクエストのボスを倒していくゲーム。
 ⇒このモードでは敵を倒すことによって経験値を得ることが出来る(いみ
  がある)。倒す時間が速ければ速いほど多く経験値を稼ぐことが出来る。
・その他隠しゲーム。ストーリーモードをクリアすると解禁する。
◎細かい点
・全体的にスピードが上昇。特にカービィの走行速度が上がったことで
 3DXをやってた人は爽快に思えるのでは?

評価点
・ゲームスピードの向上により非常に爽快となった操作。
・ロボボアーマーの爽快感。
 ⇒スピードも遅くは無く、色々なものを壊せる爽快感が凄まじい。
  Wiiや3DXのようにモーション中は動かせない等も無い。
・以上の2点のお陰か、やっていて非常に楽しく、面白い。
・曲の良質さも相変わらず。
 ⇒今作の雰囲気にも大変合っている。
・グラフィックも背景が非常に美麗。
 ⇒タイトル画面の背景を見て「綺麗」と思った人も多いのでは?
 ⇒またオープニングも非常に美麗となっている。3DXより明らかに画質
  が向上している。
・ファンが見て嬉しい要素も盛りだくさん。
 ⇒ステッカー、一部のボスやアレンジに「まさかのアレをアレンジ!?」
  と言う曲があること。またこれは原曲の使いまわしであるが使いまわし
  でも割とマイナーなゲームから使いまわす等ファンに嬉しい要素も
  たくさん。流石HAL研。あるモードの終盤のボスにも・・・。
・ボスの設定が書かれたポーズ画面。
 ⇒今作のボスにも戦闘時にポーズをかけるとその設定が事細かに書かれて
  おり、中には見ていてニヤリとしたり、切なくなるのもある。
・細かい点ではあるが、ゴールゲームも3DXより若干改善されている。
 ⇒3DXはボタンを押した後2,3Fの遅れがある為タイミング良く押しても
  狙った所よりずれていることが多かった。しかし今作ではボタンを押した
  1F後に反応するようになったのでタイミング良く押しやすくなった。

微妙点
・本作はカービィシリーズの中でも特に異彩を放っている。
 ⇒設定上仕方ないが世界観や音楽(曲は非常に良いのだが)は他の
  カービィと比べ明らかに違う雰囲気を醸し出している。
 ⇒だが根本的なカービィらしさはそのまま。カービィに近未来、SFの
  要素を付け加えたと言えば分かりやすいだろうか。
  ⇒カービィの3Dチャレンジ、カービィハンターズは従来通りである。
・今作はアレンジが多く、もっと新曲が聞きかったという人もいるのかも
 しれない。新曲も結構あるが・・・。
・難易度が今日のカービィの中では間違いなくトップクラス。普通の
 モードでもそこそこ難易度が高い。
 ⇒特に最後までやり込むと数字カービィと難易度を並べることが
  出来る程。少なくとも3DXよりは明らかに難易度が高い。

難点
・3DXと比べサブモードのボリュームが薄い。カービィの3Dチャレンジ
 とカービィハンターズはすぐに全クリ出来てしまう。
 ⇒ゲームとしての素材そのものは良いのに非常に残念である。
 ⇒薄いと言うよりかは前のボリュームに戻ったと言うべきか。それでも
  100%クリアには必須。
・ステッカーはロボボアーマーに貼ることが出来るのだが、貼れるの
 が2箇所だけで、しかも対して目立たない。
 ⇒終盤になると一応は目立つようになるのだがそれ以外だと空気。
  2箇所だけなのでカスタマイズ性も低い。

感想
非常に爽快であり、面白い。3DSカービィの中では間違いなくトップ
レベルの良作であろう。
ただ、今作特有の世界観は賛否が分かれそう。これを受け入れられるか
で評価が大きく変わってくるのでは無いだろうか。また、難易度も結構
高い。「2」よりは難しい印象である。
しかし、ゲーム単体としては間違いなく良作、それどころか名作の域に
達する作品であった(あくまで個人的に、だが)。ファンにも嬉しい
要素がたくさんあるのでカービィファンとしてもお勧めである。
この面白さが中々言葉に表せない為、今回のレビューは非常に短く
なってしまったが、気になった人は是非買ってやってみるべきであろう。
 

今回はこれくらいにしときます。