K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

BGMで振り返る星のカービィの歴史4

「デェアハハハ!環境破壊は気持ちいいZOY☆」
と言っていたデデデが機械化されたポップスターを見るとどう思うのだろう
か・・・。

星のカービィ ロボボプラネット」今日発売!みんなロボボに乗って冒険しよう
ぜ!



Rock Star - Kirby 64: The Crystal Shards
星のカービィ64 2000年3月24日発売 対応機種:N64
このBGMめちゃくちゃ良い曲なのに何故リメイクが一回もされてないのかが
分からん。
え、星のカービィってもう64作超えるぐらい発売されたの!?というか、
星のカービィ4~63はどこに行った!?
・・・とネタにされることも多々ある。だがこの64は64bitの64なので覚えて
おこう。
数字カービィをシリーズとするなら、数字カービィ最終作。これ以降
ダークマター族は登場していない・・・が・・・(後々紹介する)。
今作は妖精のキャラクター、リボンが乗っていた時にダークマター族に壊され
ばらばらになったクリスタルを集めるのが真クリアの条件。コピー能力や
テクニックを駆使し取っていく。
今作の特徴はなんと言ってもコピー能力ミックスであろう。コピー出来る敵を
口に頬張り、吐き出して別のコピー出来る敵に当てるか、C↑でコピー能力を
リフトアップし、投げて敵に当てることでコピー能力をミックス出来る。
例えばファイア+ボムで花火、ストーン+カッターで石の彫刻(動かせる)等、
様々な合わせ方があり、これらと合わせればコピー能力は史上最多の35種。
因みにファイア+ファイア、スパーク+スパークと2つ同じ能力をミックス
することも可能。
またコピー出来ない敵もリフトアップすると攻撃出来たり、飛行出来たり
することも出来る。
今作の操作性はカービィシリーズ中最も異色である。先ずホバリングに制限
があり、いつでも浮遊することが出来なくなっている。その代わり敵を
頬張ったままの移動が可能となった。それと水中でも吸い込みが可能に
なっている。ここまで書けば、本作の操作性の異色さが分かるだろう。
因みに難易度は数字カービィの中では最も低い。これが本来のカービィなの
だが、数字カービィが好きな人には賛否両論。だが、舐めているとレベル5
辺りで痛い目を見るかも・・・。
100%クリア以外のやり込み要素が大幅に増えた。特にカードとミニゲーム
の存在はでかいだろう。但しカードはプログラムのミスなのか倒してない
ボスも出たりする。倒さないと出ないらしいのだが。
ミニゲームは個人的にはアクションカービィの中では一番出来が良く、
面白い。そして曲も良い。特に「とるとるバトル」はミニゲームの中でも
一番好きなBGMなので是非聞いてみてほしい。
さて、ここでバッドエンドの話になるが、個人的に軽くトラウマになった。
他にもトラウマになった人いません?最後ビビるでしょあれは。
そしてグッドエンディングの方では・・・カービィって男だったの!?
と思う人もいるかもしれない。もしかしたらキマシタワーの可能性もあるが。
(今のところ男という設定も女という設定もない。ただ、男では無いか
と思わせる描写も多く、アニメカービィでは完全に男として設定されて
いる。)


Kirby Tilt 'n' Tumble - Water Stage
コロコロカービィ 2000年8月23日発売 対応機種:GBC(専用)
\ゴロ゛ゴロ゛ガー゛ビィ゛/
世界初の加速度センサーを採用したある意味歴史的作品。ある博物館に展示
もされているようだ。
内容はトップビュー型アクションでゲームボーイカラーを傾けて操作する。
ジャンプはGBCを跳ね上げる。釣りで言うちょっと引く感じである。ボタン
操作する部分もある。
世界初なので操作に慣れていない人も多い筈なのだが難易度はかなり高い。
レッドスターを集めることにより上級者向けのEXに挑戦することが可能。
カービィシリーズの中では珍しい時間制限が設けられている。これも難易度
を上げた要因となっている。
今作はボスが少なく、そして加速度センサーがついていること以外は割と
シンプルな内容であり、単純な出来である。だが、操作していて楽しい
ゲームでもあるのでやってみて損は無い。
しかし今作で一番気を付けなければいけないことがある。それはこの作品
が本当の意味でのゲームボーイカラー専用ソフトであることである。通常の
ゲームボーイアドバンスのみは例外だが他の媒体でプレイすると操作が逆に
なったり、傾ける機体があまりにも重く、ボタンが機体と離れすぎている等
本気で推奨するのはGBCまたはGBAである。だが、GCでプレイする猛者も
いる。


Light - Kirby Air Ride
カービィのエアライド 2003年7月11日発売 対応機種:GC
GCの代表作として挙げられることが多いカービィのレースゲーム。
その面白さ故に今でも愛され続け続編を望む声が多いが桜井氏がHAL研究所
を退社してしまったこともあり続編は厳しいのでは無いかと思われる。
普通にレースをするエアライドモード、トップビューの簡易型エアライド
あるウエライドモード、パワーアップアイテムを集め最後のスタジアムで
競うシティトライアルモード3つのモードに分けられる。
今作のコピー能力は妨害要素となっておりこれでライバルマシンに邪魔を
することが出来る。操作はスティック+1ボタンで、場合に応じてボタンを
使い分けていく感じになる。混乱しそうだと思われる方は一度やってみる
べし。直感的に使い分けることが出来る。
カービィが乗るマシンにも様々な個性があり、強弱は流石にあるものの、
バランスは悪くなく、それでいて色々な性能があるので飽きない。
ウエライドはマシンが固定され、敵も出てこないのだが、代わりに
各コースのギミックが個性豊かでこれも結構面白い。
そして特筆すべきは非常に中毒性の高いシティトライアルであろう。
どこでも走れるという自由度の高さ、偶にやってくる厄介だが面白い
イベント等非常に飽きさせない要素がてんこ盛りである。これが今作
を人気にした一番の要因と言えるだろう。
ただ、結構バグが多く、中にはフリーズするバグまである。まぁ、
状況的にあまり起こりにくいのが救いか。
BGMは新曲も多いがアニメからの流用曲も多め。デデデてんてこまい
や強いぞ星の戦士等がゲーム用に編曲されて入れられている。これは
制作当時アニメ「星のカービィ」が放送されていたことによるもので
ある。因みに時期的には終盤に近い(放送終了が9月27日)。多分
「はだかのエスカルゴン」や「星のフームたん」等結構ヤバめな回が
放送されてた時期では無いだろうか(第88話と第89話なので時期的
にそれぐらいかと)。


ということで今回はこれくらいですね。
ロボボプラネットまだ買ってない。早く買いたいなあ。

今回はこれくらいにしときます。



おまけ
カービィに少しでも関連したソフトを紹介するコーナー。
今回は「大乱闘 スマッシュブラザーズ」シリーズを紹介。


・ニンテンドウオールスター!大乱闘 スマッシュブラザーズ
 1999年1月21日発売 対応機種:N64
記念すべき1作目。まさか任天堂のキャラ達が喧嘩をするとは、誰が
思ったことであろうか・・・そんな内容である為任天堂側も「これは
売れない」と思っていた。しかし、口コミによって徐々に売り上げを
伸ばして大ヒット、代表シリーズの一つへと上り詰めた。
ただただ紹介するだけのコーナーなのであまり深くは紹介しないが、
このゲーム、実は日本では未完成のまま発売している。完成された海外版
ではバランスが調整され、1Pゲームクリア時にカットが追加される等、
非常に優遇されていると言える。

・大乱闘 スマッシュブラザーズDX 2001年11月21日 対応機種:GC
カービィのエアライド」とともにGCを代表するゲームの一つであると
同時に、スマブラ史上最高傑作である。
先ず非常にやり込み要素が豊富で、飽きさせない。そしてキャラも多い
(流石にバランスは良いというわけでは無いが)。
今でも大会が開かれているほどの名作である。新作なんかより、やっぱ
こっちだよねって言うほど。

・大乱闘 スマッシュブラザーズX 2008年1月31日発売 対応機種:Wii
ボリューム倍増、そして新たにカービィシリーズからメタナイト、デデデ
が参戦。その他にもなんとソニック、スネークがゲスト出演する等、結構
豪華になっている。しかしゲームの出来は並程度。評価できる部分と
言えばボリュームぐらい。売りの一つでもある亜空の使者も賛否が
分かれる。僕は結構好きだったのだが。
特に問題点として挙げるべきなのは要らない挙動とおきらくリンチ問題
だろう。挙動に関しては尻もちをつくという挙動が対戦ゲームとして
要らん。おきらくリンチについてはググってください。

・大乱闘 スマッシュブラザーズ for3DS/forWiiU
 2014年9月13日(3DS)2014年12月6日(WiiU)発売 対応機種:3DSWiiU
ボリュームは最低。キャラだけは良いのだが、それ以外が薄い。
説明書に書けるぐらいペラペラ。要因はアドベンチャーモードを失った
ことによるものだろう。WiiUはイベント戦等が追加され、多少は改善
されたが、3DSの不評な要素を強くし、新要素も尽く不評。
挙動、対戦の部屋分け等が改善され、対戦面に関してはXよりはマシ
だが・・・おきらくリンチ問題は残り、エンジョイリンチとなって
しまった負の功績は大きい。なんで改善しなかった?更に新たに不快
な煽り方も可能になってしまった為、煽るという面に関してはシリーズ
の中で最悪といえるだろう。


このように「DX」を皮切りにスマブラシリーズは劣化の一途を辿って
いる。もう少しマシな続編出してくださいよ。
あとこれ以上名シリーズ汚さないでください。マリオテニスとか
どうぶつの森とか。



おまけはこれくらいにしときます。