K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

BGMで振り返る星のカービィの歴史3

ダニィ!?ゼルダ新作発売延期!?しかもNXと同時発売、でWiiU版とNX版とで
出していく・・・おや?これどっかで聞いたような?まぁ、オンラインショップ
でしか取り扱わないってのはやめてほしいですね。何のことだか分かりませんが
(全くとは言ってない)。



Crystal Field and Mystery Paradise - Kirby Super Star
星のカービィ スーパーデラックス 1996年3月21日発売 対応機種:SFC
出ました、名作。多分カービィを知ってるならこの作品は絶対に知っている
だろう。
内容としてはオムニバス形式。そして今作で初めて体力がゲージ制となり、
星のカービィWii以降ではゲージ制で統一されている。コピーも敵に一発
当たると絶対に戻されてカービィから出てきた星を吸わなければならないと言う
方式では無くなっており、何発か当たっても元に戻らないようになっている
(但し一発で元に戻らないとは限らない)。また今作ではRを押すことでガード
も可能となっており、ダメージが少しだけ削られるあるいは全くダメージを
受けないようになっている。
コピー能力も当時では最高の能力数であり、また今作から技も多彩になった。
それによりコピー能力の個性がより滲み込んでいる。
今作の特徴として、オムニバス形式の他にヘルパーが挙げられるだろう。
ヘルパーはカービィがコピーしている時にすっぴんビーム(X)をするとその
コピー能力の敵が味方となり、カービィと共に冒険してくれるお供である。
そして当時のアクションゲームにはあまり無かった協力プレイもヘルパーを
出すことによって可能となっている。
各ゲームにはそれぞれの特徴があり、それが今作を飽きさせない要素ともなって
いる。今まで通りのもあるのは勿論、制限時間が存在したり、お宝を収集
しながら進めたり、果てには最初はコピーが出来ず、特殊な方法でしかコピー
能力が使えないものもあったりする。
初心者にも易しく、だが全部が簡単ということも無い。順番にクリアして
いけば初心者でも上級者でも楽しめる作りとなっている。また、やり込み要素
も結構豊富であり、やり込みプレイヤーにもお勧めである。
面白い、万人向け、飽きないと三拍子揃った名作だが、たった一つだけ致命的
な欠点が存在する。それは・・・。

星のカービィスーパーデラックス 0% 0% 0%
これである。本作はROMカセットが非常にデリケートであり、それが原因で
ちょっとした衝撃でもポンとこのような状態となってしまう。この光景が
トラウマとなってしまった人も結構いる。因みにVC版ではこの現象が起きる
ことは無いのだが、故意的にデータを消滅させるバグも存在するのでもし
VC版で初めてやるという方はそのバグの確認もした方が良いだろう。


Kirby's Star Stacker: Great
カービィのきらきらきっず 1997年1月25日発売 対応機種:GB
SFC版はリメイクである為、紹介しないこととする。VSデデデのBGMとか好き
なんだけどなぁ。
ジャンルとしては落ちものパズル。だからパズルが嫌いな人にはダメかと言う
と、そこはカービィクオリティ。初心者でも簡単に遊べる作りとなっている。
先ずリック・クー・カインと3つのブロックがあり、同じ種類のブロックを
並べることでそれを消すことが出来る。ここまでは普通の落ちものパズルなの
だが、なんと2つ並べるだけで良く、そして同じ種類のブロックの間に星の
ブロックがあるとそれでも消すことが出来る。だからかなり連鎖しやすい。
しかも2連鎖以上してそこで連鎖が終了すると流れ星が降ってきて、それに
よって運が良ければまた連鎖が出来るようになっている。連鎖の数が多い程
流れ星の数は多い。だが難しくないかというと、そこもカービィクオリティ。
難易度を選択することも出来、上級者でも楽しめる作りにもちゃんとなって
いる。
ただ問題はその最高難易度である。なんと最初からほぼ積まれていてゲーム
オーバーになりそうな状態になっており、そこから脱出するには運も必要で
あり、若干運ゲーとなってしまっている。つまりこのゲームのルール
そのものと難易度選択の相性はあまり良いとは言えず、ゲームとしては
割と地味な出来ではある。
後は各難易度をクリアするとカービィの絵が見れることぐらいだろうか。
カービィファンが求めるべき部分で重要なのはそこだろう。


Kirby's Dreamland 3 Music: Sand Canyon 3
星のカービィ3 1998年3月27日発売 対応機種:SFC
9作目にして「3」ってこれもう分かんねえな。
スーパーファミコン後期でそれ故にCM等が無かった為か、売り上げは
あまり良くないソフトであった。

あいつが かえってきた!
最近のゲームってむずかしすぎ。もっとサクサク遊びたいよね。
だからあいつが帰ってきた。
みんなが遊べる、一緒に遊べる。
星のカービィまたまた登場!

当時の広告より。だがこの内容は校正すべきだ。正しくはこうだ。

あいつが なんいどあげて かえってきた!
最近のゲームってかんたんすぎ。もっとやりこみたいよね。
だからあいつが帰ってきた。
みんなが遊べる、一緒に遊べる。
数字カービィまたまた登場!

うん、これで間違いないな。別に貶めてるわけでは無いんですが、上のは
流石に違いすぎるでしょ。
難易度はかなり高め。広告詐欺である。だがアクションとしては良質。
仲間も新たに追加され、ただの鼠だったリックも壁キックが出来るように
なり、改善された。しかし当時気づかなかった人が多かったようだ。
今作はナンバリングがついているので分かると思うが「2」と同様、真の
ラスボスがいる。各ステージのハートスターを全て集めることにより
ラスボスと闘うことができる。しかしその入手難易度が一部凄まじく高く
全クリを諦めた人も多いという・・・。難易度は「カービィボウル」の
次に難しいとされる。
世界観は全体として絵本のようで、癒しが出来るようなどこか優しい
世界観である。だが、最後はそれと同時に少し不気味な要素も持つ。
因みに今作にしか無いコピー能力として「クリーン」がある。攻撃方法は
掃いて攻撃。何故再登場しないのかは不明。3にしか合わないからだろう
か?
そしてラスボスはまたまた強い。だがモーション等のこともあり2よりは
マシかと。ただ連戦はきつい。それとSFC版の「ぼすぶっち」での
ラスボスの背景もきつい。
普通にやれば簡単かというとそうでも無く、なんと初見殺しも存在する。
カービィにそんなのがあっていいのだろうか。
以上のような点から今作はアクションカービィ超応用編的な感じだろう
か。少なくとも入門編では無い。


発売に合わせるつもりだったのだが、無理です。どうしても長くなって
しまう。本当はもうちょっと入れるべきだとすら思う。

今回はこれくらいにしときます。



おまけ
カービィに少しでも関連したソフトを紹介。ただ今回はカービィ
生みの親だけが関わっています。

・ギミック! 1992年1月31日発売 対応機種:FC
桜井氏が大絶賛をしたゲーム。主人公もどことなくカービィに似て
いる。
しかしキャッチセールスの「見かけほど、甘くないゼ。」という言葉
でなんとなく分かった人もいるだろう。そう、このゲームは
ファミコンソフトの中でもトップクラスの高難易度となっており、
数字カービィとすら比べることは出来ないだろう。普通にクリアする
だけでも相当難しいのに、完全にクリアは最早鬼畜のそれ。条件は
各ステージの隠しアイテムを取り、かつノーコンティニューで行くと
言う厳しすぎる条件。しかしただただ難しすぎるゲーム、というわけ
では無く、一応ステージ難易度のバランスは取れている。また経験を
積み重ねればクリアできる仕様ではあり、クソゲーと言うほどでは
無く、寧ろゲームとしては良作の部類である。後真エンディングの
条件は鬼畜とは言ったものの、隠しアイテムを取れば数機アップして
くれるので、親切的な要素もある。ただ、それでも鬼畜であることに
変わりは無いのだが。
操作に癖があり、特筆すべきは坂で速さ上昇・下降したりするリアル
な慣性だろう(まぁ、ジャンプ連打したら加速したままという変な
部分もあるが)。また武器となる星も出したら消えるまで使えないので
射程なども考える必要があるだろう。
上級者には絶対にお勧めである。だがこのゲームはFC後期に発売
された為に知名度は低く、高額で取引されている。だからめっちゃ
高い。それでも買いたいという人はそれでも良いとは思うが・・・。
その為にVC化を希望する声は多い。


おまけはこれくらいにしときます。