読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

一昨日、任天堂の岩田社長がお亡くなりになられました・・・。

急死って・・・マジでかよぉ~(ガチ泣き)。


今日、任天堂株式会社の社長である岩田聡氏が一昨日お亡くなりに
なられたことが発表された。

原因は胆管腫瘍とのことです・・・。

岩田社長は元々HAL研究所の一社員であり、様々なプログラミング
バルーンファイト、ゴルフ等)を担当し、その後、経営的に危なかった
HAL研究所代表取締役社長となり、『星のカービィ』シリーズ、
大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ等のヒット作を生み出し、
経営再建を果たした。このように、社長に就任した後もプログラマとして
活躍し、開発中止となりそうであった『MOTHER2 ギーグの逆襲』を
「このままなら2年かかる、でも一から作っていいなら1年以内に終わらせ
ます(要約)」と言い、一から作り上げ、なんと本当に1年以内に開発を
終わらせてしまうと言う偉業を成し遂げた。
最後に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を発売に間に合わせるように
デバッグ等を手掛け、指揮をとりプログラマとしての活動を終えた。
2002年、故山内会長が岩田社長を任天堂株式会社代表取締役に指名。
その後も岩田社長は『ニンテンドーDS』の発売や『Touch! Generations
の立ち上げなどをしてゲーム人口を増やすという偉業を成し遂げている。

そんな岩田社長が、まさか、そんなに早くお亡くなりになってしまう
とは僕自身、全く思っていませんでした。もうあの人の「直接!」も
聞くことはできないのだと思うと本当に悲しくなってきます・・・。
あの人は任天堂の神のような人でした。ゲームに一つの革命を起こした
と言っても良い、そんな社長が・・・。

ご冥福をお祈りします。