K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

『みんなのポケモンスクランブル』評価点・難点まとめ

2015/10/24更新。

みんなのポケモンスクランブル 56点 B+
ポイントタグ:【凡作】【ガッカリゲー】【ゲームバランス難

全体的な評価
楽しさ・・・Usually
ゲームバランス・・・Bad
曲・・・Little good
グラフィック・・・Usually

前作と比較してみての評価
みんなのポケモンスクランブルポケモンスクランブルU
乱戦!ポケモンスクランブルスーパーポケモンスクランブル

特徴
・今作はおもちゃとなったポケモンを戦わせる・・・というゲーム。
 ⇒だから本編でのポケモンとは大きく仕様が異なる。
  ⇒ポケモンを換える際にねじを回していく。その間にポケモンの攻撃が
   当たると交換失敗となり、このまま今戦闘に出しているポケモン
   進めていくことになる。
  ⇒また前作まで個体値と言う概念は存在し、比較的子供にも分かりやすく
   なっている仕様だった。
   ⇒但し本作は従来のポケモンスクランブルとは違い、個体値の意味が
    薄れた。詳細は難点。
  ⇒本作には「通り名」という特殊な能力を持っているポケモンが存在する。
   ⇒例えば攻撃力が通常のポケモンより上である「アタック」、ポケモン
    をフラフラにしやすい「ノックアウト」等様々な効果を持つ通り名が
    存在する。
  ⇒技の欄が2つしか存在せず、技は2つまでしか覚えさせることが出来ない。
  ⇒技にはランクが存在し、ランクが多ければ多いほど技が強い。
  ⇒一応教え技自体は存在するものの・・・。詳細は難点。
  ⇒ポケモンは倒し、人形と化した状態にすることで捕獲することが出来る。
   ⇒但し人形かをするのは確率であり、必ずしも人形化は出来るわけでは
    ない。
    ⇒だが光っているポケモンは必ず人形化をし捕獲することが出来る。
    ⇒またポケモンをフラフラ状態にすることで必ず人形化できる。
  ⇒本作にはレベルと言う概念が存在せず、強さも特定されている。
   ⇒だから野生ポケモンの強さについていけなくなったら、また同じ
    ポケモンで強いポケモンを捕獲する必要がある。
・本作独自の仕様
 ⇒可視化してるのは強さとHPのみ。アタックとディフェンスの可視が
  不可能になった。というか固定化された。
 ⇒ストーリー?は王様の願いを聞くことで進めていく。
  ⇒進めていくことで施設も増えたりする。
   ⇒最初はエリア移動と店しかない。辛いが頑張っていくしかない。
 ⇒メガシンカが存在する。
  ⇒ゲームをクリアしていくと一部ポケモンメガシンカ出来るように
   なる。
 ⇒今作はP(ポケ)という金の概念を持つもののほかにポケダイヤと言う
  金の概念をもつものが増えた。
  ⇒今作の課金要素の一つである。それ故に・・・。(詳細は難点)
  ⇒ポケダイヤを使うことで気球が買えたりする。
   ⇒こうすることでエリアが増え、捕獲するポケモンも増える。
    ⇒エリアを選ぶ際はルーレットとなっており、ランダムで決まる。
     ⇒但し目押しをすることで確率ではあるがそこに止まることが
      ある。
    ⇒各エリアにはランクが存在し、ランク毎にボスポケモン
     強くなる。
     ⇒ランクに上があった場合、ランクが下であるほど目押しをする
      ことでそこに止まりやすくなる。
      ⇒また王冠ランクが上がると「見切りの極意」と言うものが
       手に入り、これを発動させるとポケダイヤを消費するが目押し
       をするとそこで止まるようになる。
    ⇒空に虹がかかってると、確率ではあるがフィーバー状態となる。
     ⇒この状態になると各エリアのランクが増え、その状態で
      ルーレットが出来るようになる。
     ⇒なお、かかってる虹がかかってなくてもフィーバーになるが、
      やはりかかってる虹が多いほどフィーバーになりやすい。
   ⇒またその他ポケダイヤを使うところがたくさんある。

評価点
・おもちゃとなったポケモンによるかわいらしい世界観。
・基本無料ゲーということで、価格的にはボリュームは大きい。
 ⇒但し無料ゲーにありきは過剰な課金要素である。だから手放しに褒められる
  とは言い難い。
ポケモンに差が無く、比較的好きなポケモンで戦える。
 ⇒但し、やはり進化前と進化後だと強さに差が生じる。まぁ、仕方ないとしか
  言えないのだが。
・爽快感溢れる熱狂的なバトル。
 ⇒ポケモンを倒していく無双をしてるかのような感じは非常に爽快感がある。
  ⇒またバトルも熱い。バトルロワイヤルなどは特に熱い。
・技を教える際にポケモンを生け贄にしなくても良くなった。
 ⇒Pかポケダイヤを消費することで技を教えさせることが可能になった。

微妙点
・初期は難しいがストーリーが進むに連れ簡単になっていく大味なバランス
 ⇒強さは高くなっていくのだが、「見切りの極意」や様々な設備が建設
  され次第に厳選難易度が低下し、全体的に難易度が下がる。
  ⇒まぁ、そういうゲームも存在するので仕方が無いとも言えるが・・・。
・課金した人と課金してない人とでの難易度の差
 ⇒あまりにもありすぎる。まぁ、無料なので仕方ないことか。
  ⇒ある程度支払えばそれ以降は無料でもプレイできるという点は評価点。
・色々なエリアのBGMがほぼ新規のものに
 ⇒今までのポケモンスクランブルで流れている曲が異様に少なく、旧作
  ファンからは賛否を分けるのではないだろうか。
  ⇒確かに良曲が多いのは確かなのだが・・・。

難点
・何を使うにもポケダイヤ。使う必要性が感じないところにもポケダイヤ
 ⇒本作最大の難点の一つ。ポケダイヤは課金要素の一つ故、なんでここに
  使う必要性があるのすら分からないところにもポケダイヤが必要となる。
  ⇒従来ではポケモンがやられると他のポケモンに換えられた(但し3回まで)
   が、今作はやられるとポケダイヤを請求される
   ⇒もしポケダイヤを使わなければゲームオーバーとなる。明らかなる改悪点
    であるとしか言いようがない。
  ⇒一回そのエリアをクリアすることでそのエリアがある気球がしばらく
   使えなくなる。
   ⇒それを速く膨らませるのにポケダイヤが必要となる。最初はそこまで
    問題は無いのだが・・・。
    ⇒気球を買っていくことによって時間が増え、数時間たたなければ
     使えない気球まで登場する
     ⇒エリア移動にまで何故こんな仕様にしたのか理解し難い。
ポケモンの厳選難易度が高すぎる。
 ⇒ポケダイヤを使ってなければよりそれが顕著になっていく。
  ⇒気球を膨らますのに時間がかかるからである。
 ⇒先ずエリア移動をルーレットで決めるようにした意味が分からない。何故
  こんなことに運要素を付ける必要性があったのか。
  ⇒目押しをすることでそこに止めれるにしても、結局は確率で決まる
   ⇒このせいで余計にポケモンが厳選しずらい。このような仕様にする
    必要性は一体どこにあるのだろうか。ユーザーを喜ばせる気が
    感じられない。
   ⇒一応「見切りの極意」が手に入れば目押しでそのエリアに止まるよう
    になるが発動にポケダイヤが必要なので無闇に使えない。
・技教え屋がストーリーを進めて行かないと建設されない。
 ⇒今作はレベルアップの概念が存在しないので技を変えることが出来ない。
  その上、ポケモンの厳選難易度が高くなっているのだから、始めから
  建設されていても良かったのでは?
捕獲できるポケモンに上限がある
 ⇒本作最大の難点の一つ。従来ではポケモンに上限は無かったのだが、今作は
  何故か上限が存在する。しかも初期は30匹を超えるだけでそれが上限となる。
  ⇒上限を超えるとエリア移動が出来ない。だから定期的に逃がす必要がある。
   ⇒子供向けに作られたゲームなのに何故こんなことをしなければならない
    ような仕様にしたのか、未だに謎である。もしかして子供向けにする気
    がないのだろうか?
   ⇒ポケモンの家を買うことで上限は増やせるがよりにもよってそれにも
    ポケダイヤが必要となる。何故・・・。
・王様の願いの条件の理不尽さ
 ⇒大体に制限時間が設けてある
  ⇒バトルロワイヤルならまだしも、何故無くても良いようなものにまで
   時間を設けるのか・・・。
 ⇒Miiポケモンを守れと言うものがあるが、はっきり言うと必要性が無い
  ⇒一応手助けはしてくれるものの、自分から動いたりしてはっきり言うと
   邪魔でしかない。
 ⇒サブ条件で敵の砦を壊してはいけないと言うものがある
  ⇒時間制限がある王様の願いの大体の時間取りの原因はこれ。自分のもの
   でも無いと言うのに、壊さない必要性が無い。
 ⇒ある時間帯でクリアしないといけないサブ条件まである
  ⇒しかもその大体が昼間。
   ⇒時間が足りない人のことを考えてこのようなものを設定したの
    だろうか?
   ⇒一応子供だと出来る時間ではあるものの、子供によっては時間帯が
    日暮れだったりするので子供であっても解消されるわけでは無い。
 ⇒まぁ、ほとんどがやり込み要素なため、別にやる必要が無いのもある。
  ⇒しかし無課金でプレイする人はこれをクリアしないと正直きつい。
   無課金プレイを特にお勧めしたくない理由はこれにもある。
アタック、ディフェンスが可視化出来なくなった
 ⇒というか、アタック、ディフェンスが固定化された。これでは存在する
  意味がほぼないと言っても過言では無い。
・新規BGMの一部がその場面とミスマッチ。
 ⇒まぁこれは感性の問題とも言えるが。

感想
とにかくゲームバランスがイマイチなゲーム。課金ゲー故にこんな不安定な
バランスになってしまったと言うのだろうか・・・。
従来のポケモンスクランブルは比較的好きなポケモンで戦えると言うバランス
の良さがあり(まぁ、差別化してないのは逆にダメと言うこともあるが)、
非常に良いゲームだと感じていた。しかし、今作は些かやりすぎな点があった
のではないか、と言わざるを得ない。
課金をしたことを前提としても、従来のポケモンスクランブルから劣化した点
が目立つ。ポケモンスクランブルとしては少々残念な出来となっている。
まぁ課金ゲーが好きで、新規ユーザー或いは旧作ファンで以上の難点に目を
瞑ると言う人は買ってみても良いかもしれない。


なんかめちゃくちゃ書きたくなったので書きました。すみません。
更新は一応終わりました。

今回はこれくらいにしときます。