読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

最近の人らは最初の部分をやっただけで『クソゲー』と連呼する人らになっている。

最近、「最初からやってクソゲーって思ってやめたもん」という話をよく
聞く。

個人的に思うが「最初からやってクソゲー」と思ってはならない。何事も
最後までやるべきである。

『最初からやってつまらなかったらクソゲー』というのは理由にならない。
それはただの負け犬の遠吠えにすぎないのである。

『最初からやってつまらない』が『途中から面白くなるゲーム』だって
この世にたくさん存在するのに関わらず、である。最近の人らはちょこっと
やっただけでつまらなければ『クソゲー』と連呼するようになってしまい
本当に残念に思っている。

また、レビューサイトを頼りに『クソゲー』と判断する奴がいるのだが、
それもお世辞にも良いとは思えない。

僕も昔はそれをやっていたのでどうも言えないのだが、今は自分の
思い通りに書いている。最近、『タッチ!カービィ スーパーレインボー』
のレビューを書いたがあれも、自分の思うがままに書いた記事であり、
もしかしたら他の人のレビューは散々か10点満点中10点かもしれない・・・。

以上のことから分かった通り、結局のところ感想は人それぞれであり、
レビューサイト、または他の人の感想も個人的にはあまり参考にしては
ならないと思う。『あくまでも』自分でやって自分で評価すべきで
ある。

まぁ、今でも僕は他の人のレビューを見たりしているのだが。
ただ、僕の場合は「思うがままに書いているが、書き方は参考にしている」。
まだゲームレビューとしてはダメダメかも知れないが、それによって
僕のゲームレビューは作られているのである。

さて、話を戻すがいくらなんでも『最初だけやってクソゲー評価』は無い。
その人らによる『クソゲー』の理由はきっと「システムが理解できない」、
「単純につまらない」、「バグが多いから」であろうがそれもまともな
意見とは言い難い。さっき言った通り「単純につまらない」のは最後まで
やって「やっぱ面白い」という感想になる可能性はあるし、「システムが
理解できない」って言うのも、「最初は理解できないが理解すると面白い」
という感想になる可能性もある。また例え「バグが多いから」としても、
「バグは多いがそれをもカバーする強烈な魅力がある」という感想に
なる可能性だって無くは無い。要するに『最初だけやってクソゲー評価』
をする人の言うことは絶対に信じられないも同然なのである。

また、「最後までやってつまらない」という感想があるのにも関わらず、
「最初から最後まで面白い」という感想もあるという人を選ぶゲームも
たくさん存在するのである。要するにゲームは人一人の意見だけで決定
するものではない。みんなで最後までやって、みんなが『クソゲー
と思ったら、それを正真正銘『クソゲー』と呼ぶべきだ。
若い者みんなはそれをやらず、人一人の意見だけを頼りにし自分はそれを
やらないという大変に残念な連中になってしまっている。

まぁ確かにレビューは参考にして良いとは思う。しかし、あくまでも
自分に合うか合わないかまでは流石に参考にならない。例えば
amazonレビューで『☆1つ』の評価と『☆5つ』の評価が両方とも1つでも
あった場合絶対に買って自分で感想を言うべきである。もしかしたら自分に
とって『名作』と言えるソフトなのかもしれないのだから・・・(まぁそれ
以前にamazonレビュー程信憑性が怪しすぎるサイトは無いのだが)。


まぁ、まとめて伝えると、みんな意見だけを頼りにしゲームすらやっていない
のに関わらずそのゲームをレビューする『エアゲームレビュアー』が多すぎ。
もっとゲームと真剣に向き合い、そうしてから自分なりの正当な評価をつける
べきである。

今回はこれくらいにしときます。