読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

ゲームボーイギャラリーシリーズを知っている人がどれくらいいるだろうか・・・

2014年12月、任天堂は素敵だが最低なキャンペーンを行った。

その内容とは3DS用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』と
ポケットモンスター オメガルビー』か
ポケットモンスター アルファサファイア』を一緒に購入して
シリアルナンバーをクラブニンテンドーに登録するとスマブラの技を
覚えている『ポケモン』のゲッコウガと・・・

GBCソフト『ゲームボーイギャラリー3』
の配信を開始したのである・・・。

十分に素敵と思えるキャンペーンだが、ゲッコウガはゲーム内でも普通に出せる
個体で技も普通に覚えられる。そして、ゲームボーイギャラリー3』は
非売品と、あまり良いこと無し。どうしてこうなった?

正直悲しい。何故あんな名作がこんな糞なことに使われてしまったのか・・・。
そして、いい加減3DSVC配信再開しろ・・・。

・・・と思っていた矢先、遂に3DSのVCは配信再開、『ポケモンカードGB
の配信を開始すると発表した。およそ半年ぶりの配信である


まぁ、前置きはここまでにしといて。ゲームボーイギャラリーシリーズを
紹介しようと思う。

先ず『ゲームボーイギャラリー』の特徴を挙げるとすれば1980年代に大ヒット
した『ゲーム&ウオッチ』のゲーム達をほぼそのまま完全再現し、更にマリオ
のキャラクター達でそのゲームをアレンジしたゲームが遊べる。
今後から『ゲーム&ウオッチ』のゲームを『むかし』、それらをアレンジした
ゲームを『いま』と呼ぶことにする。
『むかし』モードでは若干操作が異なる部分はあるものの、大体内容は一緒で
ある。
『いま』モードでは『やさしい』(ゲーム&ウオッチで言う『GAME A』)と
『むずかしい』モード(ゲーム&ウオッチで言う『GAME B』)があり、更に
『やさしい』か『むずかしい』の得点を一定数以上達成すると
『すごくむずかしい』モードを遊ぶことが出来る。
どれも中々の中毒性でボリュームがあるかと言うと微妙だがハマり込める作品
ではある。そして、一定数以上の得点を稼ぐとミュージアムと言うところに
ゲーム&ウオッチ』が展示される(遊べないが)。

日本で発売された『ゲームボーイギャラリー』は実は第一作では無い
第一作はヨーロッパやオーストラリアで発売された『GAME BOY GALLERY』
である。
内容は日本で発売されたものとはかなり違う。一応アレンジされたゲーム
が入っているのだがキャラクターがマリオでは無く、オリジナルキャラクター
を使用している。また、『むかし』モードが存在せず、ゲームの内容が
ゲーム&ウオッチ』そのものである(一応一部異なる点もあるが)。

そして日本で発売されるはずだったGBAソフト『ゲームボーイギャラリー4』
発売中止となり、日本未発売である。何故発売しなかった・・・。

さて、シリーズのそれぞれの収録タイトルを紹介しよう。

ゲームボーイギャラリー
マンホール
子供(?)が落ちないようにマンホールで道を作るゲーム。『いま』モード
ではヨッシーキノピオドンキーコングJr.等が出演している。また、
マンホールの蓋はキャラが通るまで落ちない仕様となっている。
オクトパス
たこの触手に捕まらないように海底にある宝を船まで持ち帰るゲーム。
『いま』モードではマリオとピーチ姫が出演している。また、宝を
投げつけて巨大蛸に攻撃もできる。
ファイア
火事になった建物から落ちてきた人たちを落とさないように救急車に運ぶ
ゲーム。『いま』モードではマリオとルイージキノピオ等が出演している。
また、落ちてくるキャラによって落ちる速度が違い、時折割れる卵から出る
スターを入れると5点プラスになる。あと爆弾を入れてはならない。
オイルパニック
火事にならないようにオイルを一滴をもらさないようにコップ(?)の
中に入れ、なんか走り回ってる人に渡すゲーム。『いま』モードでは
マリオ、ヨッシークッパルイージ等が出演している。また、オイルが
入る容量が増えている(マリオがコップ(?)を二つ持っているためである)。

ゲームボーイギャラリー2』
パラシュート
水に落ちないように空からパラシュートで落ちてくる人を助けるゲーム。
『いま』モードではマリオ、ヨッシーキノピオ等が出演している。また
キャラによって落ちる速度が違う。
ヘルメット
工具を避けつつもゴールまで進むゲーム。『むかし』モードでは工具が
落ちても1点加算。『いま』モードでは無いがその代わりにコインを回収した
後ゴールをすると大きく加算される。『いま』モードではマリオが出演して
いるのだが、100点未満ゲームオーバーでワリオになる。
シェフ
具材(?)が落ちないようにするゲーム。『いま』モードではヨッシー
一番下におり、焼けた具材を食べさせる内容になっている。焦げたものを
食べさせるとヨッシーが一定時間うごけなくなってしまう。出演はマリオ、
ルイージ、ピーチ姫、ヨッシーである。
バーミン
物を敵から守るゲーム。『いま』モードでは卵が割られるとゲームオーバー。
出演はヨッシー、ヘイホー等。
ドンキーコング
ドンキーコング』のように物を避けつつ上まで進めていくゲーム。
『いま』モードではマリオ、ピーチ姫、ドンキーコング(確か初代)が出演。
ボール(隠しゲーム)
ボールを落とさないようにするゲーム。因みに最初に発売されたソフトでも
ある。『いま』モードでは様々なバージョンがある。

ゲームボーイギャラリー3』
エッグ(海外産)
ミッ○ー「卵を落とさないようにするゲームだよ、ハハッ」
日本で発売されたものとは違う。日本では某ネズミが主人公となっており、
ミュージアムでも「ゆうめいなキャラクターがつかわれていました」と
書かれている。『いま』モードではクッキーを食べて得点を加算する。
ヨッシーのクッキーを食べると卵が出てきて、3個以上でちびヨッシー
1匹誕生して1方向のクッキーを食べてくれる。また爆弾を食べてもミスに
なる。
グリーンハウス
虫が植物にたからないように殺虫剤で殺すゲーム。下画面にいる蜘蛛は
近くで無いと倒せない。『いま』モードではスイカを何個か食べるとヨッシー
が炎を吐くようになり、ウッキィが掴んでいるロープごと燃やすことが出来る。
出演はヨッシー、プロペラヘイホー、ウッキィ。
タートルブリッジ
水に沈んでいる亀の所に渡らないようにして物をゴールまで運んでスタート
まで戻る往復ゲーム。『いま』モードではしばらくすると落ちる床があり、
最終的には時間制になる。
マリオブラザーズ
物を二人で運んでトラックに積んでいくゲーム。『いま』モードでは一定数
以上得点を稼ぐと上にいるクッパが阻害をしてくる。ケーキが戻ってしまう
のだが、レバーを押せば元に戻る。また、5回トラックに全部積むと何点か
加算される。出演はマリオとルイージワリオクッパ。因みに本作の
公式サイトにあるこのタイトルにて「黒い任天堂」としてネタにされている
記述がある。
ドンキーコングJR.
敵を避けながら、ドンキーコングを助けるゲーム。『むかし』モードでは
タイミングを見計らって鍵を取ってドンキーコングを助けなければならない
が、『いま』モードでは鍵を取って床が無い状態以外で進めると助けられる。
また一定数以上得点を取るとクリボーからトゲゾーになる。出演は
ドンキーコングJr.、マリオ、ドンキーコングクリボー等。
以降、『いま』モードが存在しません。
フラッグマン(隠しゲーム)
旗の番号を記憶するゲーム。『GAME B』では速く旗を揚げるゲームと
なっており、個人的にはこっちの方が難易度は低い。
ジャッジ(隠しゲーム)
相手より数字が多い&同じであれば攻撃、少なければ逃げれば勝ちのゲーム。
『GAME B』が無い代わりに『2P』モードになっている。今のところVC版では
このモードの選択が不可能となっている。
ライオン(隠しゲーム)
ライオンを外に出ないようにするゲーム。左を動かしてる時は右を、右を
動かしてる時は左を動かすことはできない。何とぼけてんだよ、ココアライオン。
スピットボールスパーキー(隠しゲーム)
所謂「ブロック崩し」。但し、若干ルールが違う。個人的にはこのゲームは
運ゲーに近いと思う。
ドンキーコングII(隠しゲーム)
キャラクターは同じなのに内容は違うゲーム。鍵を二個取り、点滅した所
を開けて進むという微妙にゲームになっている。敵を避けながら進むのは
同じ。
ファイア(隠しゲーム且つギャラリーモード)
前々作でのファイアは実は左右逆にしてしまい、そのまま発売してしまった
ものである。本作のファイアはちゃんと正常通りにしてある。また得点は
あるもののゲームの進行には関係しない。そしてポーズ不可能。


今回はこれくらいにしときます。