K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

MH4G 評価点・難点まとめ

2015/10/24更新。

※ネタバレ注意!一応伏せてあります。

モンスターハンター4G 89点 A
ポイントタグ:【良作】【正統進化】【良グラフィック】【高難易度

全体的な評価
楽しさ・・・Excellent!
ゲームバランス・・・Very good
曲・・・Very good
グラフィック・・・Excellent!

前作との比較での評価(略してあります)
MH2≦MHFMH3<MH=MHPMHP3<MHG<MH3GMH4MH4GMHP2
MHP2G

評価・改善点
・かなり面白かった作品に面白さがプラスされた。
 ⇒ネタバレ:ゴグマジオスを倒すと極限状態のモンスターが狩れるようになる
       のだが、中々の難易度で歯ごたえがあって面白い。
 ⇒また、様々な亜種・特殊個体が追加されている。
 ⇒ゲームとしても改善され、「G」としては正当な進化を遂げている。
・水耐性の装備が増える、水属性持ちのモンスターが増える等水耐性の地位向上
 ⇒前作では水属性持ちのモンスターが初期の段階のモンスターしかおらず、
  そして水耐性の装備が少なくなおかつ弱かった。
  ⇒しかし今作は水属性の攻撃を持つモンスターが増え、装備もそれなりに堅い
   水体制の防具が増えた。
・武器『チャージアックス』の数が増え、更に改善された。
 ⇒前は生産できるものが少なく、不満に思った人も少なくはないだろう。
  ⇒しかし、今作は『チャージアックス』の生産できる数が増え、更に武器と
   しても改善され、不満点を見事に解消することになった。
 ⇒勿論、他の武器の生産できる数も増えている。が・・・。
・ネタバレ:武器の極限強化が可能に。
 ⇒今作は発掘装備以外の最大まで強化した武器を極限強化出来るように
  なった。
  ⇒これによりなんとか発掘装備との差別化は出来た。

微妙点
・新しく追加されたフィールドがまさかの旧フィールド
 ⇒追加されたのは『旧砂漠<昼>』と『旧砂漠<夜>』の2種類。
  ⇒前作でも『地底洞窟』と『地底火山』は地形が少し違うだけのほぼ
   同じフィールドであるということに賛否あったがこの『旧砂漠<昼>』
   と『旧砂漠<夜>』に関しては形が何一つ変わってない暑いか寒いか
   だけの全く同じフィールドである。
   ⇒というか、なんでMH2で登場した"新"『砂漠』がないのに『"旧"砂漠』
    ってついてるんだ?普通に『砂漠』でよかったのでは・・・。
・ネタバレ:極限状態のモンスターが抗竜石<心撃>を使わない限り攻撃が
      弾かれる。
 ⇒しかも抗竜石は一定時間経つと効果が消えてしまう。一応弾かれない部位
  も存在するが、攻撃しにくい部位にあることが多い。
 ⇒但し、抗竜石を使っている状態で攻撃すると極限状態は消え、普通に攻撃可能。
  ⇒よって難点とも言えない。

難点(というより改悪点の方が近い)
・あの忌まわしき『操厨棍』(わざとそう書いてます)の生産できる数が
 増えた。
 ⇒恐ろしいことに、である。これではまた「MH4操虫棍ゲー」と言われて
  しまう。
・そして『操虫棍』の改善が全くなされていない。
 ⇒それどころか逆に『操虫棍』が活躍しやすいような環境になったため
  相対的に改悪されてしまった。何と言うか・・・何故改善しなかった。
・乗り状態が強制的に解除される仕様が直ってない。
 ⇒テラビモスさん(僕の兄)は今のところその仕様は確認してないらしい
  のだが、僕は3回は強制解除された。
・前作は打てたのに今作では打てないワードがある。
 ⇒例えば色々とアイテムが打てなくなっている。禍々しい狂竜結晶や
  岩竜の涙等。コラボクエストが今のところないくせにラオックスは今作でも
  打てる(ラオックスとは店の名前である)。勿論前作でも打てる。
  ⇒もしかして→AHOK
・相変わらず何故復活しないのか分からないモンスター達。
 ⇒アオアシラ、ラングロトラドスギアノスが挙げられる。何故復活させよう
  と思わないのだろうか。

感想
ラスボス的存在を倒した(実はもう既に倒しておりしばらく経っている)記念
に書きました。

今作は色々と改善され、より面白くなった一作。ただ、今までの『G』と
比べると、少々地味であるような・・・。

F民はともかく、「歯応えのあるゲームがしたい!」と言う人には必ずお勧め
の一作であると言うことに異論はない。実際僕もこんなモンハンを探していた
という感想になってしまう。

しかし・・・武器のバランスはどうだろうか。発掘装備の武器と普通の武器
の差別化は出来たが、『操厨棍』と他の武器のバランスはどうだろうか?

これに関しては全く改善がされていない。"G"であるのに関わらずである。

大体の"G"は武器のバランスを整えているのである。しかしこの"G"は
どうだろうか。武器のバランスが全く整えられてないと言っても仕方がない
だろう。

発掘装備の武器と普通の武器が差別化できたのは非常にありがたいのだが、
操虫棍』という武器こそ、最も見直すべき所だったのではないだろうか?


今回はこれくらいにしときます。