読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

『スマブラfor3DS』のキャラの元ネタ知らない人のためにまとめる回4

ゲーム まとめ

※今記事は隠しキャラのネタバレが含まれております!

はぁ・・・なんというかあの人またやらかしたなって思いましたよ。昨日は。
多分『スーパーマリオブラザーズ スペシャル』の記事のコメントと同じ人
ですね。

まぁもしそれだったとしたらこの人全く反省していないなと思いました。
だって相変わらず矛盾ばかり書いてるんですもの。記事をよく読んでない証拠。

なんというか・・・読みたくないんだったら読まずにコメントしないでほしい
ですね。適当じゃなくてよく読んでコメントしてほしいです。


リンク
1986年発売の『ゼルダの伝説』で初登場。因みにこれはFCD版の名前でFC版の
名前は『ゼルダの伝説1』(タイトルがこうなった理由はFC版が発売される前に
リンクの冒険』が発売されたからである)。

時のオカリナ』では勇気のトライフォースの所持者でハイラル人である。
(初代などの設定は知らん。詳しくは後述で)

『トライワイトプリンセス』では初めてと言えるだろう「少々やんちゃ」な性格
が付けられた(多分初めて性格が作られたのは糞々のトライフォースからだと
思われる。糞々のトライフォースについては記述しない。ggrks)

実はシリーズ通してのリンクはほぼ全作品同一人物ではなく、皆違う設定である。

がそれは「ほぼ」で『リンクの冒険』のリンクは『ゼルダの伝説』のリンクであり、
ムジュラの仮面』のリンクは大人時代から自分の時代へ帰ってきた『時のオカリナ
のリンクである。

このリンクの項目でゼルダ史について記述しようと思う。

まず始原の物語として『スカイウォードソード』、『ふしぎのぼうし』、『4つの剣
がある。

そして『時のオカリナ』。これによって様々なパラレルワールドが展開されることに
なる。

リンクとガノンが戦いリンクが敗北した場合『神々のトライフォース』からとなり、
ふしぎの木の実』、『夢をみる島』(これらのリンクは同じ)、『ゼルダの伝説』、
リンクの冒険』と時系列が進んでいく。『リンクの冒険』は『ゼルダの伝説』の
3年後で同一人物と言う繋がりを持つ。

※『神々のトライフォース』は『夢をみる島』の後らしいですが、要調査。

勝利し時の勇者(リンクのことを表す)が去った場合『風のタクト』から始まり
夢幻の砂時計』、『大地の汽笛』と時系列が進んでいく。『風のタクト』と
夢幻の砂時計』のリンクは同一人物、『大地の汽笛』は『夢幻の砂時計』から
100年後(=『夢幻の砂時計』のリンクとは別人)の物語という繋がりを持つ。

勝利し時の勇者が戻った場合『ムジュラの仮面』から始まり、
『トライワイトプリンセス』、『4つの剣+』と時系列が進む。『時のオカリナ
と『ムジュラの仮面』のリンクは同一人物である。

因みに『神々のトライフォース2』に関してはまだ記述されていないので分からない。
多分敗北した場合の『神々のトライフォース』の後に入ると思う。『2』だから。


ゼルダ・シーク
載せるのが面倒くさいので二人まとめて紹介。だって一応同一人物だし

時のオカリナ』では知恵のトライフォースを所持し、大人時代では『シーク』に
変装(?)することで自分が『ゼルダ姫』だということを隠していた。

因みに何故か知らんが玉にリンクと幼馴染という設定で描かれている作品もあり、
(『ふしぎのぼうし』『4つの剣+』『スカイウォードソード』)玉に「本当に
"伝説"に値する人物なのだろうか」と個人的には疑う。

まぁそれ以外だったら大体危機に襲われる姫とそれを救う勇者という物語の象徴的
な関係。まぁ、僕的にはこっちのイメージの方が強いですね。

そして『時のオカリナ』以降何故か「光の弓矢」との関連性が高い。なんというか
ゼルダ=光の弓矢」が当たり前になっている。いつの間に???

まぁ、確かにある意味弓矢は大切な武器ではあるんだが・・・。
(これについてはガノンドロフで紹介するとしよう)

ちなみに『スカイウォードソード』のゼルダは唯一姫ではないと言うことを記述
しておく。
(『ふしぎのぼうし』のあのメッセージ(?)を通すためだろうか?)


ガノンドロフ
ゼルダの伝説』シリーズにおける悪役。玉に悪役でないことがあるが(例えば
悪役がグフーであったりなんてこともある)、まぁ全体的に悪役である。

ちなみにファミコンでは『ガノン』という名前でその姿は猪か豚か分からない
化け物である。
それの人間の姿が『ガノンドロフ』である。また、分身であると言うにも
ガノン』と表記することがある。

因みにこのガノン及びガノンドロフはリンクやゼルダと違い基本的には同一人物
である。何度も復活しているのだが、身は腐らないの?年はとらないの?と
個人的な疑問点がある。あとどうやって復活してんの?

時のオカリナ』では力のトライフォースの所持者。は?と思っている人も
いるかもしれないがトライフォースは決して聖三角ではない。悪も利用できる。

因みにガノン及びガノンドロフは砂漠の民であるゲルド族の出身。ゲルド族
は女性ばかりの民族らしいのだが(ということは・・・全員レ○?)100年に
一度生まれる男をゲルドの王とする習性を持っている。じゃあガノン及び
ガノンドロフは何?ハイラルの王?ゲルドの王?よく分かんねえよもう・・・。

そんなガノン及びガノンドロフだが実は初代などでは『銀の弓矢』に弱く、
時のオカリナ』以降は『光の弓矢』に弱いと言う設定である。



今回はこれくらいにしときます。