読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

『スマブラfor3DS』のキャラの元ネタ知らない人のためにまとめる回。

ゲーム まとめ 考察

一昨日、『スマブラfor3DS』を割と散々な評価で書いた雪圀です。

まぁ、あれに関しては別に楽しんでないわけではないんです。再び見た結果、
少し粗が目立ち過ぎて少々癇に障った程度なんです。

評価しようとなるとどうしても難点は見つけなければならないとして・・・。

レビューは英語で書くと『Review』。直訳すると"再び見る"ことです。なので
自分はこのゲームに対しどれぐらい不満だったのかそれを"もう一度確かめる必要"
があるんです。今度はもっと厳重に。

一応楽しかったんですが、"再び見る"ということをするとどうしても
「でも不満点は普通にあったかなぁ」と思わせる出来だっただけです。今作は。

とにかく一応楽しんではいる、ということにしておいてください。

一応面白いとは評価点に書いてますしね。


さて、今回は『スマブラfor3DS』のキャラ達全員の元ネタ紹介と行きましょう。
多すぎるので分けようかとも考えてます。

ちなみにファイアエムブレムのキャラに関しては勘弁してください。何せあまり
プレイしたことはありませんので。

マリオ
マリオを知らない人はもう地球から出てけ!そのぐらい有名な配管工の英雄、
マリオさん。(実は配管工ではなく、普通に大工らしいのですが・・・)

彼は1981年に稼動開始した名作アーケード、『ドンキーコング』が初主演作。
元々マリオと言う名前はなく、"ヒゲオヤシ"、"ジャンプマン"等と呼ばれて
いた。

きっとマリオと言う正式な名前が付いたのは1983年に発売された
マリオブラザーズ』だろう。
ちなみにマリオという名前は外国人の名前から取った名前らしい。

実写版によると本名は"マリオ・マリオ"である。(まぁ、実写版は個人的にあれな
出来だったんですけど・・・)

ルイージ
前述で書いた『マリオブラザーズ』にて初登場。
こら!そこ永遠の二番手とか言わない。僕は人気の部類に入ると思う。

一応彼が主役になった作品は割と多い。しかし、あの1作は・・・。

彼が初主人公となった作品(非公式ではあるが)に『Mario is Missing!』
があるのだがあれは色々酷い。手に入れたとしても絶対にやるな。面白さ
は確実に保証いたしません。

名前の由来は決して類似ではないことにも注意。4コマ読んでるやつ多スギィ!
名前が響くからと兄は言っているわけだがこれも外国人から取ったのが名前の
由来らしい。

実写版では本名"ルイージ・マリオ"。なんだか適当ですね!

ピーチ姫
1985年の名作『スーパーマリオブラザーズ』にて初登場。マリオにおける
ヒロインと言える人物だろう。そしてマリオの初浮気でもある。

実は彼女、魔法を使うことが出来る。だからもっと魔法っぽい攻撃を使うべき
だと僕は思うのだが・・・。そんなに駄目?

一応使ってる作品はあるんですがねぇ・・・。

ちなみに彼女の初主役作(マリオUSAを除けば)は『スーパープリンセスピーチ
なんだけど・・・。あれは女児向けゲームですからね。ちょっと任天堂には
無理な相手だったのかもね(色々とゲームバランスがおかしい。あのゲームは)。

ヨッシー
1990年に発売された『スーパーマリオワールド』が初出演作。

一応、奴らは『スーパードラゴン』と言うことにしておく(理由は後述)。

なぜか奴らが主人公の作品は多かったりする。
ヨッシーアイランド』は勿論、『ヨッシーストーリー』、
ヨッシーのロードハンティング』、『ヨッシーの万有引力』・・・
まだこれは一部にすぎない。本当に多い。愛されてるなぁ。

ちなみに本名は"T.ヨシザウルス・ムンチャクッパ"らしい。公式です。

そして最も驚くこと・・・それは奴らが一時カメ族という設定だったという
ことである。だから背中に赤い甲羅のようなものが付いているのである。

今はどうなってるのかは分からない。だから種族が非常に分かりずらい。
というか分からない。

なので一応"カメ族"なのだろう・・・。ん?ちょっと待てよ?

※ここからは考察になります。一応注意。

奴らが恐竜だと考えると恐竜は爬虫類(一部哺乳類らしい)である。だから
カメ族は同じく爬虫類である亀。これらは一応交配が可能ということになる。

T.ヨシザウルス・ムンチャクッパスの名前にはザウルスが入っているので

ザウルス≒恐竜種

と考えてよい。しかし、"クッパ"という名前が入っており、カメ族である
Koopa=ノコノコの名前も入っている。(一応外国のガイドブックにて書かれて
いたことなのでKoopa=ノコノコが正しいかと)なので亀ではないという
否定もできない。

そしてヨシザウルスは卵から生まれる。ということはほぼ爬虫類と考えてよい
だろう("ほぼ"と考えた理由は一応哺乳類にも卵生はいるから)。

よってこう言う考え方が一番落ち着くと思う。奴らは"恐竜と亀の交配によって
生まれた恐竜と亀のハーフ"だろう。

考察すみませんでした。

クッパ
大魔王クッパ様。お呼びでしょうか。

「ワガハイはイケメン、クールだと伝えてこい」

クッパ様はイケメン、クールです。

 
―――――
製作・著作
  N○K

「おい!誰がそれだけで良いと言った!ワガハイがイケメン、クールだと思われる
 ように伝えろって意味だろうが!」

ということでクッパ様について色々解説を加えながらイケメン、クールと
思わせるように解説したいと思います。

先ずクッパ様は1985年『スーパーマリオブラザーズ』で初主演されましたね。
(本当は初主演じゃなくて初出演だけどね。悪役として)

「おい、普通に悪役としてデビューでいいんじゃないのか?」

・・・というところがクッパ様の良い所でございます。

悪役として名高いクッパ様ですが実際は良い亀なのです。これは私なりの考察
なのですがクッパ様はきっと家族の愛のためにピーチ姫を攫っておられるのだと
思われます。だって実際の設定は"ピーチ姫が魔法を使えたから"攫ったのです
から。

「そうだ!だからお前ら、勘違いすんじゃねーぞ。あんなビ○チ誰が好きに
 なるか!仮にもワガハイは亀だ!爬虫類と哺乳類の結婚は不可能だ!
 これくらい常識だろう?『スーパーペーパーマリオ』ではピーチ姫と
 結婚とか言ってるワガハイだが実際式上げる前に洗面所でゲ○吐いてきたわ!
 ガハハハハハ!」
(※ゲ○を吐いた部分は雪圀設定です。則ち実際は吐いていません。)

あとクッパ様は主にRPGですがマリオと共に闘いますよね。ここはいわゆる
ツンデレというところでしょうか。

ツンデレを使うところ間違ってるぞ。そしてワガハイはホモじゃない。」

あ、確かに間違ってますね。表現としては。申し訳ありません。あと
子供いますしホモではないですね。というかそんなこと申し上げてません。

ところで結婚した亀の方は誰なのですか?『サンシャイン』ではピーチ姫
をママということにしていましたが。(嘘で)

「あれは友人と指スマで負けた罰ゲームなのだ。全く、マジで誰だよ
 ワガハイが「ピーチ姫のことが好きな異端な亀」とか噂した奴。」
(※これは雪圀設定のクッパ様です。ご了承ください。)

え、クッパ様って指スマされるのですね・・・驚きました。そういやクリボンさん
が「ざまあwあの糞亀めが。俺がビ○チのことが好きって嘘を流してやったぜw」
って言ってましたよ。
(※このクリボンは雪圀設定です。だから決してそんなこと言いません・・・
  なのかな?)

「マジかよ、あいつ今日クビだな。ワールド以降出てないし。」
クッパJr.(以下Jr.)「というか父さん、あれ嘘って分かってたけど。」

おお、これはこれはクッパJr.王子。・・・っていつ頃から嘘と分かってた
のですか?

Jr.「実際、初めて見たとき・・・かな。だってあれ明らかに人間じゃん。
    マジであれがママとかありえんから。本当だったらゲ○吐きながら
    スカンクのいる部屋で『ロックマンX7』やってるかな」
(※これは雪圀設定のクッパJr.です。)

クソゲーと呼ばれているゲーム+αと並ぶほど酷いんですね。それが亀達の
中では常識なのでしょうけど。

Jr.「ところで雪圀、今日はHP調整と11n調整を教えてくれる約束
    だよね?」

あ、えぇ。まさかクッパJr.王子が本格的な意味でポケモンにハマるとは
思いもしませんでしたがね・・・今日もいいでしょう。
(※これは雪圀設定です。クッパJr.ポケモンをやるわけない・・・と思う。)

Jr.「それじゃあ待ってるね、バイバイ」

さようなら。ってことで話を戻しましょうか。

マリオ&ルイージRPG3!!!』でのクッパ様、あれはイケメンと感じましたね。
特に「この世界はワガハイのものだ!!!」には惚れましたね。

「え、あれ悪役の決めゼリフだと思ってたのだが・・・」

それでもですよ。クッパ様はキノコ一族・カメ一族戦争でもしクッパ様が
勝っても仲間思いですし良い国作りそうですよね。

「まぁ、実際は全世界中の戦争をなくすのが目的だからな。」

・・・え?

「いやだから、ワガハイはただ単に世界征服して戦争がない国を作りたいのだ。
 だからあれが戦争とは思ったこともない。」
(※これは雪圀設定です。そんな公式設定はございません。)

いやいや、あれ戦争でしょ。というかそれなら貢献活動をすれば良いじゃない
ですか。

「あ、そうか・・・思いもしなかったぜ、ありがとう!お前はワガハイの
 恩人なのだ!」

え・・・どういたしまして・・・。

そしてキノコ一族も「それに参戦だ」と賛成し共に貢献を行った結果、地球は
戦争のない平和な惑星になりました。

END

オマケ

そういえばクッパ様ってクッパ七人衆という部下をお持ちですよね。
あれって元々クッパ様の子供たちでしたけど、なんで部下って・・・。

「あれはワガハイの元妻の子供なのだ。一応ワガハイの息子達(娘含む)だ。
 なぜか子供ってことに元妻がしてくれないのだ。」

クッパ様ってバツイチだったのですね・・・ところで原因は?

「元妻の不倫」

よし、元妻殺す。
(※これは雪圀設定です。クッパ様にバツイチという設定はありません。)


今回はこれくらいにしときます。