K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

今頃マリルイRPG4プレイ日記十八眠り目

なんでネムルーゴがこんなに観光客に人気なの?っていう理由が・・・
この終盤(?)になってよく分かった気がするわー。


さて、前回のネムルーゴのギャップには驚きましたね。ということで
進めていきましょう。

そう言えばマリオには多額の請求が来たわけですが、ちゃんと払って
くれるのでしょうか?

ネムルーゴ「タダ働キトハ言ワセヘンデ!」
マリオ「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

前回、マリオはネムルーゴにネオクッパ城のガードを破らせるために
多額の金を払わせることになった。

空にあるから、もしかしたら戻れなくなると思ったので、今まで
のやり込み要素を全て回収しました。

マメを全部掘った、マクラノ族を全て救った、エキスパートチャレンジ
をネオクッパ城に行くまでのを全部達成した(まぁ、これはほとんど元々
達成してたしな)。

そう思って、ムユウッドで敵と戦ってたら『マクラノドンR』
出てきたので、そいつのエキスパートチャレンジもクリアした。

ついでに言うと感想はマクラノドンの時と比べると強い技も持って
いたし、マクラノドンとは何回も闘って慣れたのでそこまで強いとは
言えなかった。

そういや、こいつブーメランブロスの時にしか出てこないんだよな。
もしかしてブーメランブロスでの戦闘限定か?

ということで、進めましょう。

ムユウッドの入口の前辺りで待っていたネムルーゴ。そして
ガードを打ち破りに行きます。

そして、元エリート(笑)である掃除係の3人組は・・・。

クリボー「あれは何だ!」
ノコノコ「鳥じゃね?」
ヘイホー「いやただのボールだろ。」
クリボー「いや、飛べる豚かな?w」
ノコノコ「おま、それジ○リのネタだろwwwwww」
ヘイホー「いや、きっとガマゲロゲだよw」
ノコノコ「だからさwwwwwwwwwwwww」
三人組「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

※実際にこう言ったわけではありません。

そしたら、ネムルーゴ

「ナンヤ知ランケド・・・メッチャ腹立ツワ。」
ネムルーゴサン、ゴ立腹ヤデ~!」

とか言ってガードを完全にぶち壊した。そして、ネオクッパ城の方
にも影響があったらしく、島のそこら辺に落ちてきた。おい、
準備する意味はあったのか。

そして落ちてきた。で、「ソノ先ニ行ケバネオクッパ城入レルヤロ」
と言って更に「ワシモウ疲レタカラチョット休ムワ・・・。」
と言って寝た(?)。

そしてネオクッパ城の入口に前までいなかったはずのマクラノ族
が石化した枕があったのでそいつを救う。

すると、これでマクラノ族を全て揃えてしまった。ユメジイに
報告しようと言うので早速そこへ。すると、今までのマクラノ族を
助けた褒美を忘れてたのでめっちゃたくさんもらった。

そして最後の褒美は・・・。

ユメジイ「ネ~ム~ちゃーん!」

!?一体誰に話しかけてると言うのだろうか。ユメジイはその誰か
に向かって叫び出した。

そして出てきたのは・・・。

ネムルーゴ「ジイチャーン!」

・・・お前かよ!!!

で、マリオの最後のブラザーアタック、『ドリームエッグ』を習得。
なぜマリオなのかは多分マリオかルイージかどちかっていうと
マリオの方が縁があるからだな。色々な意味で。

で、練習をしてみたけど、やっぱり最後の技なのか、結構
Excellent!を出すのが難しかった。ただ、慣れると相当強い技
なのではないかと思う。

で、ユメジイとネムルーゴはどういう関係なのかと言うと、茶飲み友達
らしい。ネムルーゴって結構社交性あるんだな。


ということでまぁ、なんか今回は結構やり込み系のイベント多め
となってしまいましたが、次回からネオクッパ城侵入と行きたいと
思います。

そして多額の請求はどうなるのだろうか?

今回はこれくらいにしときます。