読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

今頃マリルイRPG4プレイ日記十七眠り目

昨日、誰かは知りませんが、「死ね」等と暴言を吐いているコメントを
見ました。(しかもユーザー名も「死ね」である)

それを見たのは『スーパーマリオブラザーズ スペシャル』の記事です。
僕は確かにこれは"黒歴史"と語った。しかし、それはあくまで
個人的な考えであって別にこれを黒歴史と呼べと言ってるわけ
じゃありません。

その人がどんなに「これは名作だろ」と言おうが、僕には僕なりの
"意見"があるのです。

あとこれは僕の予想なのですが、多分この人よく記事見てないん
だろうなと思いました。

確かに見たくない記事があるんだったら見たくない。その気持ちは
分からなくもない。しかし、そういう批判コメントを書くのなら、
まず記事をよく見てから書いてほしい。

とりあえず、今日はそのコメントを削除して、もう二度とそんな
暴言コメントが来ないようにユーザー拒否を設定しました。

みんなももし自分が賛成してるのにあっち側が反対していても、
あんな暴言を吐くようなコメントをしないようにしてほしいですね。

あと書くなら記事をよく見た後、コメントを書いてほしいですね。
パッと見した後に書いてほしくないです。


・・・前置きが長くなりましたが、進めていきます。

前回にも言った通り、ムユーウッドのドリームスポットで夢の世界
に入り、今回は大樹を登りたいと思います。

まぁ、色々進めていって、アタックパーツも集めていきます。

その途中でマクダスと言う変態が「マリオがタイプ」という変態
発言を言いだす。こいつゲイか?それとも・・・。

ということで危うくマリオも変態になるところだった。

そして、集めていたアタックパーツが集まると・・・。

最後の技、『ミラクルタイフーン』を習得しました。

これ、ちょっとタイミングが難しい。コマ回しを最大限まで
巻き、引っ張るような攻撃なのだが、巻きすぎると失敗してしまう。

それに気をつけながら攻撃しないといけない。

そしてこの攻撃は長い間敵に攻撃しているとExcellent!になるので
これのエキスパートチャレンジはちょっと曲者。

でも、その相手がペリカンの敵である『カリペン』に当てていけば
問題なくクリアできる。なぜならマリオの攻撃ターンが完璧に
終わった後にやられる敵なので、その攻撃の間中は例えオーバーキル
でも攻撃し続けることが出来る。

そのエキスパートチャレンジもクリアして、頂上につきました。

ちなみになぜ内容全体をほぼカットしたのかと言うと、ただひたすら
に進めるだけだったからです。

で、その頂上には謎の卵が・・・。

それを割っていくと、マリオとルイージの力を確かめたかったのか、
それとも本当に敵と勘違いしていたのか。ネムルーゴと闘うことに
なる。

安定の巨大化戦である。

今回は半分減らしつつも、普通にいけた。でもやっぱり操作性
目立つな・・・。

で、暴走を止めてみたら、なんとネムルーゴ関西弁だと言う
早速かなりのイメージ崩壊である。

そしてネオクッパ城に行くのをおっさんぽい格好しながらも聞いて
面倒くさがるという・・・お前、本当に神か?

ということで1000万コイン・・・くらいだったかな?をマリオに
払わせるから行こうと言う話になる。

さて、次回、マリオに多額の借金が来るのか、それとも、その借金
をマリオが事故による保険金によって返されてしまうのか!それは
次回の話である。まぁ、事故死するなんてありえないけどな。ゲーム
の主人公が。


今回はこれくらいにしときます。