読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

『おとなも こどもも おねーさんも』全員GWに入ったということで伝えたいこと

↑の記事の名前はネタですが、今回は少し真面目なことを書かせて
いただきたいと思います。

どうも、雪圀です。一昨日、昨日とかなりせき込みがひどかった
のですが、だいぶ回復しました。

大人も(会社などによっては休みでない所もありますが・・・)、
子供も、お姉さんも全員GWになったということなので。

・・・まぁ今回はGWに入った若者(僕も含めますが)について
伝えたいことがあります。

最近、歩きながらスマートフォンをつつく若者が増えてるらしい
じゃないですか。

これで事故に遭ったり、人に迷惑をかけることが多いみたいなんです。

ここからかなり愚痴臭い言葉になりますが、ご了承ください。あと
ここから歩きながらスマートフォンしていない人は関係がございません
ので"お前ら"と表記させていただきます。

・・・お前らアホか?

どこまでそれをやりたいんだよ。どうせやることと言ったら
『パズル&ドラゴン』(以下パズドラ)か『モンスターストライク』
(以下モンスト)位だろうなぁ。あと『LINE』(以下ィネ。理由は
いちいち半角英数にしてLINEと打つのが面倒くさいから)も
理由の一つだろうなぁ。

ハマるのは許す。だが歩きながらそれをやるというのは良くない
行為であると思う。『メイドインワリオ』シリーズのナインボルト
だってゲームやりながら下校してないでしょう?

責めてやるなら人の迷惑にならないような場所で止まってやれ

ぶっちゃけ言うけどお前らのやってるその"歩きながらスマートフォン"
ってのはある意味夢遊病とほぼ同類だぜ?

無意識の状態で起きだし、歩いたり何かをした後に再び就眠するが、その間の出来事を記憶していない状態を指す。このような夢遊病の多くは、就眠後1時間から3時間のノンレム睡眠時に発生することが多い事が分かっている。

Wikipediaより抜粋。


お前らは↑とスマートフォンの記憶があること以外全部これと同じだ
そう言って良いレベル

そして上記の途中からの文も見てほしい。『再び就寝するが』、『就眠後
1時間後から3時間のノンレム睡眠時に発生することが多い』とある。
お前ら、外出てる時はずっとノンレム睡眠なのと同じってことだ

それと同じことをしときながらもどうしてそれをやめない?何故?

まぁ、理由は分かっている。自分が良ければ何でも良いと思ってる
からだろう。多分な。

で、お前ら。どうせ歩きながらスマートフォンは法律で駄目と書いてない
からして良いとか言うんだろ。決してそうじゃないからな

絶対にして良いことなんてない。あるわけがない。

実際日本ではないが、米ニュージャージー州ではそういう法律が
作られている。破れば無論罰金。85ドル(日本で1ドル=100円
と考えたら約8500円である)である。

そして日本でも自転車に乗りながら携帯電話を使用すると罰金と言う
法律が作られている。どれだけ歩きながらスマートフォンをつつく
のが危険だと言うのがこれで分かったであろう。

自分の身にも降りかかって危険だし、人にも迷惑をかけるし、歩き
ながらスマートフォンなんてやっても死ぬか人を殺すかのリスクが
でかくなるだけ。一言で表せば、命綱をつけていない状態で
エレベスト山(チョモランマ)の壁をロッククライムするような
もんである。

というか歩きながらスマートフォンして何が面白い?え?歩いている
間が暇?パズドラやりたい?モンストやりたい?友達からィネが
来た?

否。

世の中歩きながらスマートフォンする程甘くねえんだよ。
人に迷惑かけたいのか?いや、必ず人間には人に迷惑を
かけたくないという良心がどこかにあるはずだ。

それが無いんだったら、お前らはまだ小学校すら卒業していない

というか小学生ですらそれは我慢できるんじゃないか?

とりあえず言いたいことはちょっとは我慢してスマートフォン
をやめろってこと。


・・・まぁこんなことを書いたのだが一つ勝手な被害妄想で予測
しておこう。

どうせ『お前友達いないだろ^^』とか『だから友達出来ねえんだよw』
とか書いてくるでしょうね。多分。

だけどな・・・一つだけ言っておこう。そんな奴には友達が
出来てもその友達には心がない。当然、お前らも心がない

要するにお前らは人間として敬遠の目で見られている可能性が高い
ってこと。尊敬の目で見るやつなぞどこにもおらんだろう。

歩きながらスマートフォンをやってると思った人は少しでも考え、
直すことを試みるべきだと思う。


今回はこれくらいにしときます。

そしてMOTHERファンの皆様、スマートフォンをお持ちの方には
不快になるような記事を書いてしまい申し訳ございませんでした。