K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

パンプジンとかいう謎のポケモン・・・。

パンプジンとは、ただのカボチャに生き物が入ってるだけの
モンスターである。

まぁ、簡単に言うとパンプジンハロウィーンポケモンである。
なぜかって?

ヒント:発売日

ってことで今回はこんなハロウィーンなモンスターについて書きたい
と思います。

3月だけどな。

まず、種族値を見てほしい。これ、どれを選べばいいと言うんだ・・・。

M=小さい
N=普通
G=大きい
T=特大

パンプジン(変わらないところ)
B122
C58
D75

パンプジンM
H55
A85
S99

パンプジンN
H65
A90
S84


パンプジンG
H75
A95
S69

パンプジンT
H85
A100
S54

種族値合計:494

特性
ものひろい
相手の使ったものを拾う(自分が持っていない時のみ)。
おみとおし
戦闘に出たときに全ての相手の持ち物が分かる。
ふみん
眠らない。


この通り、サイズによって種族値が変わると言う厳選に対しては糞仕様
であり、これで非常に厳選が面倒くさくなる。

だが、この通り、一番小さいとHP、攻撃が低くなる代わりに素早く
なり、一番小さいと遅くなる代わりにHP、攻撃が高くなる。
これによって様々な型を考えられる、まぁ面白いポケモンだ。

そんなパンプジンの技候補を見ていこう。


主な技候補
大爆発 タイプ:無 物理
威力:250 効果:攻撃後、自分が瀕死

特大サイズで最後に一匹にいいんじゃないだろうか。


ゴーストダイブ タイプ:霊 物理
威力:90(135) 効果:2ターン攻撃、その間ほぼ攻撃を受けない

唯一の高威力物理ゴースト技。2ターン攻撃だが、当たれば
それなりに強いだろう。


タネマシンガン タイプ:草 物理
威力:25(37)~125(185) 効果:2~5ターン間攻撃

草物理技、最大まで当たれば威力185という高火力を持つ。ただ、
これでは完全に運ゲ。


影討ち タイプ:霊 物理
威力:40(60) 優先度:+1

ゴースト技では唯一の先制技。


種爆弾 タイプ:草 物理
威力:80(120)

安定して使うのはこれがいいだろう。うん。


ニトロチャージ タイプ:炎 物理
威力:50 追加効果:自分の素早さ↑

これで小さなサイズ、普通のサイズを普通に使うことが出来る。
スカーフっているのか?って感じになる?と思う。


岩雪崩 タイプ:岩 物理
威力:75 命中:90 追加効果:3割の確率でひるみ

炎、4倍弱点に。


トリック タイプ:超 変化
効果:相手と自分の道具をすり替える。片方に道具がない場合も有効

おみとおしがあるので。あと使うなら普通サイズが使いやすい
だろう・・・と思う。


怪しい光 タイプ:霊 変化
効果:相手が1~4ターン間混乱する

小さいサイズだといいかも?


宿り木の種 タイプ:草 変化
効果:毎ターン、相手のHPを最大の1/8ずつ減らし、その分回復。草無効

耐久型に(=特大サイズで育てた方がいい)。


痛み分け タイプ:無 変化
効果:自分と相手のHPを平均値を足して2で割って出す

小さいサイズで耐久型にいいかも。


毒毒 タイプ:毒 変化
効果:相手を猛毒状態にする

耐久型に(=だからこういう場合の耐久型には大きいサイズが
いいんだって!)。


光の壁 タイプ:超 変化
効果:5ターン間特殊技ダメージ半減

これで特殊受けも出来るだろう。特防種族値75くらいだからな。


守る タイプ:無 変化
優先度:+4 効果:使った次のターン、攻撃を受けない

一応。


眠る タイプ:超 変化
効果:HPを全て回復し、2ターン間眠る

ねむカゴに。


鬼火 タイプ:炎 変化
効果:相手を火傷にする

小さいサイズで耐久型だったらいいかもしれない。


身代わり タイプ:無 変化
効果:自分のHPを1/4だけ減らし、自分の身代わりを出す

みがしばに良い。


トリックルーム タイプ:超 変化
効果:5ターン間遅いポケモンが速く行動できる

一応特大サイズには良いんじゃないのだろうか?でも54じゃ使える
とも言えないんだよなぁー。


金縛り タイプ:無 変化
効果:相手の最後に使った技が4ターン間使えなくなる

みがしばに。


道連れ タイプ:霊 変化
効果:次のターンで自分が瀕死になれば相手も瀕死になる

まぁ、これも良いかもしれない。小さいサイズで耐久をあえて
紙にした場合に。


まぁ、こんくらいだろう。

疲れた。最近はどんなポケモンを育てたいかが迷っていますがまぁ、
そんな時もありますでしょうね。

今回はこれくらいにしときます。