読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

ブースターはダブル・トリプルで使えると思う。

僕は勇者ブースター。普段はノロマで弱虫だけど、優しい人からは
よく努力家だとほめられるんだ。

魔王ウインディを倒すために旅をしている。

ウインディ「ついに ここまでやってきたな!だが わたしをたおす
      ことはできん!しね!」
ウインディの しんそく! ブースターは たおれた!
ブースター「ウボァー
ブースター「・・・ふぅ!一体僕はいつまでやられ役をすればいいんだ?」
ウインディ「一生、かな。」
ブースター「それじゃごっこ遊びの意味ほとんどないでしょ?」
ウインディ「黙れ雑魚。フレアドライブ覚えたくらいで調子に乗るなよ」
ブースター「(´・ω・`)」

ブースター「あ、おーい、ヒヒダルm・・・」
ヒヒダルマ「あぁ!!?邪魔すんなよ!俺今説教の途中なんだよ!」
ヒヒダルマ「お前もっと熱くなれよ!」
ヒヒダルマ(ダルマモード)「いやぁ、頑張っても何の意味もないよね」
ヒヒダルマ「諦めんなよ!どうしてそこでやめるんだそこで!」
ヒヒダルマ「ブースターとか言う雑魚よりはマシだろ!??」
ブースター「(´・ω・`)」

ブースター「・・・なんで?なんでゲームフリークは僕を作ったの?
      死んだ方がよっぽどマシだよ!」
ヤドランさん「それはないわ。」
ブースター「・・・?どういうこと???」
ヤドランさん「あなたにはこんじょうがある!だから、私の電磁波で
       あなたの素早さを半減し、トリルを使えば、あなたは
       強くなれるわ!」
ブースター「マジでー(ヒヒダルマは珠ちからずくで威力が1.69倍なん
      だけど、まあいいか、トリルで速くなるし)」


ブースター
H65
A130
B60
C95
D110
S65
合計値:525

特性
もらいび
炎タイプの技を受けず、以降炎タイプの技の威力が1.5倍になる
こんじょう
状態異常になると攻撃が1.5倍になる。火傷の効果を受けない。


この通り、ブースターはこんじょうという特性を持っている。しかし、
こういう意見が多いはずだ。

『なぜ、麻痺麻痺珠はないのか』と。HPが低いブースターに毒毒珠は
ある意味危険だ。

ということで、一体何をすればいいのか。それは決まっているだろう。

ポケモンにサポートしてもらうのさ!

もうこれしかないだろう。こいつにはこれしか差別化する道は残されて
ないはずだ。

まず何をするのかと言うと、まずヤドランさんを引き出して、ヤドランさん
の電磁波をブースターに当てる。(相手に怪しまれるが、気にしない)

すると補正かけ逆Vブースターの素早さ実数値は31となる。そして更に
こんじょうも発動して一石二鳥になる。

その後ヤドランさんのトリルでブースターはウインディヒヒダルマより
絶対に素早く行動できる。

今作でブースターはフレドラを覚え火力不足ではなくなったと思う。

電磁波トリルで他のポケモン達は「もうだめだ・・・おしまいだぁ!」
ときっとなるだろう。

ただ、全体攻撃技をあまり覚えない。覚えたとしても特殊技である・・・。

まぁ、少しは強くなったと言えど、やはり強いとは限らない。

まぁ、出すとすれば、全員特殊型だったらということか。ブースターは
特殊耐久が高く、しかも今作で突撃チョッキが出てきた。これで特殊型には
ほぼ完全に太刀打ちができる。

まぁ、こんくらいか。言うことは。

今回はこれくらいにしときます。