読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

ケンホロウってサポート型とすれば不遇でもなくね?

まず始めに、ケンホロウとは・・・。

H80
A115
B80
C65
D55
S93
合計値:488

Aに関してはテコ入れされ115になったのは良いのだが、どちらにしろ
ドンカラスに負けている。

オオスバメとも比べてみよう。オオスバメは攻撃種族値85とケンホロウ
より低めではあるが、こんじょうという特性によって補正かけて
ケンホロウの実数値が183、オオスバメの実数値は225とオオスバメ
方が高い。なので、物理面は諦めた方がいいだろう。

特殊型、というあり得ない型もあるのだが、素早さ、特殊両方ともに
同じノーマル飛行タイプのピジョットに負けている。なおかつ、
爆音波、おしゃべり(しかもペラップが使うと必ず相手は混乱する)等
の豊富な身代わり貫通技を覚えるペラップにも負けている。しかもほぼ
同じ素早さ種族値である・・・。
(ちなみにトゲキッスはフェアリー飛行タイプになったので論外)

ピジョットも不遇には不遇なのだが・・・。テコ入れで素早さ種族値101
に、そして特性するどいめの仕様変更。更にこの微妙な特殊種族値だが、
暴風も覚える。なのでピジョットの方がマシではある。

ペラップは・・・元々Wi-fi出場禁止だったのだが、解禁された途端、
こいつは超強化された。なので不遇も卒業した。

なので、特殊面も諦めた方がいいだろう・・・。

・・・アレ?こいつ使えなくねえか???

いやいや、まだ手はある。

サポート型と言う手がな!

こいつは飛行タイプの中でもサポート型と言う割と珍しい型の方が
良い。なぜなら、こいつはサポート技の方が優れているからだ。

そして、こいつはある特性と出会う・・・!

それは、オコリザルワルビアル等が持っている『いかりのつぼ
である。

いかりのつぼは発動してしまうと攻撃が4倍にもなってしまう、
そんな恐ろしい特性だ・・・。

例えばいかりのつぼ発動時のオコリザルインファイトの火力は・・・
123840である。
・・・恐ろしいぞ。

で、なぜこいつがいかりのつぼに向いているのかと言うと、急所技の
中でも低ダメージである『辻斬り』を覚えるからである。
(急所技と言っても急所に当たりやすいことであり、急所必中技ではない)

更にこいつの特性の一つに『きょううん』がある。これは急所ランク
を+1も上げてくれると言う良特性である。辻斬りの急所ランクも
+1である。ということは・・・?

『ピントレンズ』を持たせることによって更に急所ランク+1である。
よって急所ランク+3!これで必ず急所に当てることが出来る。

今作では急所ランク+3以上になると、必ず急所に当てることが出来る
ようになった。

ケンホロウはタイプがノーマル飛行なので不一致である。それも良い
ところである。

しかも追い風を覚えることもあり、相手の素早さをも抜かせる。

ワルビアルの場合、素早さ種族値92と素早さ種族値93のケンホロウ
勝っている。

しかもワルビアルは悪タイプが入っているので、悪半減である。
辻斬りを喰らうと逆V補正かけ辻斬りが補正なし防御極振りワルビアル
に当たった場合・・・。

ダメージ16~20!なんとこのダメージ『だけ』でいかりのつぼ
発動させることが出来る!しかもこれで急所ダメージである。

オコリザルの場合は、ちょっと難しい。格闘が入っているので
悪は半減されるが・・・。

素早さ種族値95と素早さ種族値93のケンホロウは負けている。

しかもオコリザルの場合、スカーフが有名なので絶対に抜かせない。
・・・とでも思っていたか!?

ケンホロウには追い風と言う技もある。これで自分側のポケモン
素早さ実数値が4ターンの間2倍になる。2倍と言うのは1.5倍になる
スカーフよりも素早い実数値になるため、非常に良い。

これで、オコリザルの素早さ実数値がケンホロウに負けていても
大丈夫だ、問題ない。

っていうか、ワルビアルもこれの方が良くないか?素早さ種族値
が誰かに負けると嫌だし・・・。

まぁ、ターン数かかるかかからないかだな。そこは。

ということでこいつはこう言ったサポート型に良い。しかもその他
サポート技も優れている。なので不遇は卒業だろう。

ケンホロウ♂「・・・俺って・・・。
       俺って攻撃種族値115もあるのに、サポート型にしか
       使えないのか?それはないぜ・・・。」
ケンホロウ♀「仕方ないよ、これが現実だし・・・。」

そ・・・そんなこと言うなって!お前が他の飛行タイプと差別化できる
のはこれしかないんだ!許せ!

・・・とまぁ、こんな意味では不憫ポケモンである。


今回はこれくらいにしときます。