読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

ポケモン第6世代以降チート特性まとめ1

ゲーム まとめ

適当にまとめてみた。

『あくしゅう』
今作から野生のポケモンが出てきにくくなるだけという糞特性であった
あの『あくしゅう』がチート特性と化した。

相手に技を当てると10%、ということは約1割の確率でひるむという
特性になった。

これはひるみやすい技を更にひるみやすくするということで、
さらに相手側が運を求める結果となる。

いたずらごころ
これでどれだけのポケモンが不遇を抜けたことか・・・。

どんな優先度の技でも素早さ関係なく先制で変化技を出せる
(但し優先度+0の技のみ、また+2の先制技等は抜かせない)、
かなりのチート特性だ。

ちなみにこれで元々不遇であったヤミラミバルビートイルミーゼ
不遇を抜けた。おんみょーん涙拭けよ・・・。

ちなみに新ポケモンであるクレッフィもこの特性を持っている。
恐ろしいぞ。

『おやこあい』
メガガルーラ専用特性。メガガルーラは元から厨なのになぜこの特性
を持ったのか。未だに謎である。

ダメージを与える技を2回も与えることが出来る。どんなに強い技でもだ。
2回目はその威力が半分になるが・・・これはひどい

さらに変化技まで関わってくるみたいで、ステータスを2段階上げる技も
4段階上がることになってしまう。
(補足:実際はしません。この時はまだ実践してない状態でした。)

なぜメガガルーラはこんなにみんなに嫌われるようなポケモン
なったのか・・・。

しかし、唯一の弱点はお互いの特性をすりかえる技『スキルスワップ』で
自分のポケモンがこの特性を手に入れた瞬間、相手は負け確定だろう。
この技だけで相手の負けが決まるとかメガガルーラざまあwwww

『かそく』
その名の通り、加速する特性。

テッカニンバシャーモなど素早さ種族値の高いポケモンだけが
この特性を持っている。

今作出てきたメガシンカで、メガバシャーモが不遇になるかと
思いきや、まさかのメガバシャーモも特性が『かそく』で、
バシャーモではなくメガバシャーモを使う人の方が多いだろう。
弱点はメガストーン以外持たせられないことだが。

ちなみに1ターン毎に1段階素早さがアップする。

『かわりもの』
メタモン専用のロマン特性。メタモンを戦闘に出した瞬間にメタモン
相手のポケモンに変身する特性。メタモン専用技『へんしん』の手間が
省ける。

ちなみにこれでメタモンが超強化されたのは言うまでもない・・・。

『がんじょう』
こいつは第5世代からチートだった・・・。

第4世代までは一撃必殺技を受けないだけの糞特性であったが、
(理由は対戦ではそんなに頻繁に使う機会がないから)

第5世代からはHP最大の状態でどんなにダメージを受けても
必ず1は残るようになった。

これで強化されたポケモン
ゴローニャ、二位、フォレトスなどなど・・・。
(二位とはコイルのことです!詳しくはこちら、それとこの戦法

まぁ、不遇だったゴローニャがこれで抜けたのが凄い。
もう、きあいのタスキ持たせてさらに持ち物持たせるようなもんだから
かなり強いと言える。

『きんちょうかん』
これだけできのみが使えなくなる。・・・なんで???
この特性だけはタヒね。これが何を表すかと言うと、効果抜群の技が
半減されるきのみがこれだけで使えなくなるということである。

なんでこんな特性を追加した・・・。

※実はここで『さめはだ』があったのですが、新ルールにより、削除させて
 いただきました。詳しくはその2で。

『しゅうかく』
これは強い。この特性は自分のポケモンが使ったきのみは
2/1、晴れの時だと確実に1ターン毎にそのきのみを収穫してくれる。

そういやこの特性を持ったオーロットトロピウスが強すぎるんだが・・・w

『ちからずく』
ま だ 直 っ て な い の か
今作、XYでも『ちからずく』によりいのちのたまを持たせることによる
デメリット効果が発動されないことが分かりました。

・・・これ公式なのかなぁ~・・・。

どんな効果かというと、追加効果のある技を使うと追加効果が発動されない
代わりに技の威力が1.3倍になる特性。

それにいのちのたまを持たせると更に・・・うん・・・。

まぁ、厨パなんて作りたくないなんて言う方にはこの特性はやめて
おきましょう。多分、この特性だけで厨パと呼ばれるだろう。
そんぐらい強い特性だ。

まぁ、今回はこれくらいにしとこう。まだまだあるからね。


おまけ
微妙な特性だが、このポケモンにだけはチート特性だという特性と
ポケモン少しまとめ

『かるわざ』持ちペロリーム
こいつははらだいこからのオボンによって攻撃も最大まで上がり、さらに
素早さも2倍になる。これは強い。だが、結構微妙な種族値だし、相手の技に
ペロリームが耐えるかどうか・・・。

『ふゆう』持ちシビルドン
これによって、単電気タイプであるシビルドンは完璧に弱点が
なくなってしまう。

しかも、両刀型に出来るし、両受け型もできるほどの良い種族値。まさにこれを
厨ポケっていうんですね。

まぁ、変化技『じゅうりょく』とか『うちおとす』、てっきゅう持ちポケモン
『なげつける』とかしたらあとはじめんを当てれば確二ぐらいで
倒せますけどね。

おわり。このおまけ続くかな?