K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

アリアドス強ポケ化来たぁぁぁ!

アリアドスが・・・とうとう不遇ポケを卒業するかも
知れない。

アリアドスは、第2世代から登場したイトマルの進化形である。
種族値もそれなりにバランスが取れていた。一番高いのは
攻撃である。

第2世代では・・・。

しかし、それより特攻が低いのに関わらず、サイコキネシス
覚える。

専用技はクモのす。しかし、今はバチュル・デンチュラも使うことが
できる。

ポケモンは第4世代までタイプによって物理、特殊を分けていたため、
虫タイプ、毒タイプは物理。なので、アリアドスは強いと思われた。

しかし、アリアドスの唯一のタイプ一致技がきゅうけつである。
そして、自力で毒技はどくばりであった・・・。

ちなみに、アリアドスは自力で覚えないが、わざマシンを使えば、
ヘドロばくだんは覚えることができる。

・・・あれ?サブウェポン少なくない???

第3世代では・・・。

遺伝によってシグナルビームを取得。
まだ、この頃は一致している虫と毒はまだ物理であった。
ただ、サブウェポンは・・・。

特性追加により、強化された。
一応、キノガッサを倒すためにアリアドスは使われた。

しかし、この後、悲劇が始まる・・・。

第4世代では・・・。

ついにこの世代がやってきてしまった・・・。

ずいぶんと変更された仕様。それは技によって物理、特殊が分けられる
ようになったことだ。

これにより唯一のメインウェポンであったヘドロばくだん、
シグナルビームは特殊となってしまった・・・。

だが、新たにむしくい、どくづきを覚えた。しかし、これでは火力不足
である。

しかし、さいみんじゅつの強化、さらにアリアドスは鈍足低耐久である。

だが、まだ光はあった・・・。
きあいのタスキとかいうチート道具の登場。そして、先制技である
ふいうちとかげうちを取得した、だったのだが・・・。

ここで火力不足を指摘、更にサブウェポンが貧弱となってしまった。

第5世代では・・・。

この頃になってアリアドスはいかりのこな、エレキネット、
むしのていこう等、ダブルバトルで使えそうな技を大量に取得した。

そして、隠れ特性であるスナイパーに合った技クロスポイズン、
つじぎりを覚え、更につめとぎまで覚えた。

そして、BW2になった頃・・・アリアドスは・・・!
イカサマ、シザークロスを取得。強くなるよ!やったねアリアドス

しかし、ペンドラーとかいうムカデの登場により、
差別化が激しくなってしまった。


そして、今は・・・。
まさかのメガホーン取得、更にチート技ねばねばネットを取得した。

ペンドラー確かねばねばネット覚えないし、これは差別化が出来そうだ・・・。


さぁ、これは不遇なんでしょうか?
今回はこれくらいにしときます。