K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

今日、こんなコメントの要望に答える。

今日、あの誤報だらけの糞記事に
http://ryoryoau24.hatenablog.com/entry/20121129/1354189530
こんなコメントが来た。

メガドライブにもそれらしい装置はある
 それはスーパーFXチップの倍の性能を持っている」と。

まぁ、僕はこれの返信をしました。ですが、考えた結果、あ、多分この人は
スーパー32Xの記事を書いてほしいのだなと考え直し、一応書いてみること
にしました。

どうせ間違いだらけの32Xの記事、スタートです。

まずは、スーパー32Xは32Bitです。PSやGBAと同じです。
多分国外かもしれないが、この頃はBit戦争と呼ばれていた時代だそうです。

開発時のコードネームは『マーズ』。意味が分からないので、明日ぐらい意味を
調べるか・・・。

メガドライブメガCDにこの32Xを接続することにより、32Bitのゲーム機に
なる。この状態でもメガドライブのROMカセットとメガCDのCD-ROMをプレイ
出来る。出来なかったら、大問題だけど・・・。

32Bitといえば、ポリゴンが作れちゃうレベルだと思うだろう?
それは間違っていない。このゲーム機にはポリゴンを使ったゲームが多い。

僕は洋ゲー自体は好きだ。だが、現実は・・・。
やっぱり、日本は洋ゲーを好きな人はいないのだろうか、メガドライブすらあまり
普及しなかったために、当然、32Xも普及しなかった。外国ではメガドライブ
普及していたが、32Xはそれほど安くはなかったために、外国でも普及しなかった。
そして、GENESIS(外国版メガドライブ)が最も普及していたと言われる市場で
32Xを売った結果、32Xはかなりの普及を見せた。良か・・・ないね。32X。
その結果、接続するとかそういう機能のせい(だったと思う)で悪評であった。
そのせいで、SEGAブランドは致命的なダメージを受けた。更に、後のセガサターン
の市場をほとんど失ったという。

なんていうか・・・。やっぱりディスクシステムとか、サテラビューとか、
そういう接続系はダメなんだよ。その証拠にディスクシステムもそこまで
普及してないし、サテラビューもそこまで普及していない。

ていうか、まず、日本ではSEGAのゲーム機はほとんど普及されていない。
やはり洋ゲーは日本ではダメなのか・・・。XBoxでもダメだしな・・・。

ちなみに、その人、親切に何本も発売されていると言ってくれました。
もうここまで来ると、僕のことを完璧に任天堂信者と思っていたとしか
思えない。任天堂系の記事が多かったのがその原因かと思う。だがしかし、
僕はXBoxの記事についても扱っている。まぁ、それと言ってもレア社
ソフトぐらいだけどね。

結論なのだが、確かに32Bitというのは良い。だが、接続するという
ところが裏目に出てしまったというのが象徴的なスーパー32Xの話でした。

今回は、なんか問題点ばかりあげる記事となってしまいましたが・・・。別に
32XやSEGAを馬鹿にしてるわけではないので、この記事で「馬鹿にしてるのか」
とかなんとかをコメントで書かないでほしいです・・・。

今回はこのくらいにしときます。

追記:スーパー32Xがすごいという人も来たんだから、『ATARI JAGUAR』が
   すごいという人も出てくるのだろうか???