K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

色々な部分で感動できたゲーム

今日は、ストーリー以外に感動できたゲームを紹介します。
※悪魔でも個人的な感想です。ご了承ください。

スーパードンキーコングシリーズ
あまりのグラフィックの良さ、曲の神秘さに感動。
はっきり言うとスーパーFXチップなしでここまでCG風に
出来たレア社には脱帽。

スターフォックス
初めての正面向きシューティングゲームに感動。
任天堂の関連会社が作ったらしい。どんだけ、任天堂とその
関連会社はどんだけ新機能を作るのだろうか?
確か、『コロコロカービィ』とかについてるセンサーも、任天堂
作ったんだよな・・・?

スーパーマリオ ヨッシーアイランド
ほのぼのしたヨッシーらしさ、曲の良さに感動。
しかし、だからといって『ヨッシーアイランドDS』が悪いという
わけではない。

ニンテンドウ64全体
誰もがSFCよりも綺麗なグラフィックに脱帽したであろう。
多分、誰もが「すごい!」といったことだろう。

ドンキーコング64
剥がしてはいけませんというシールにかかわらず、拡張パックに
よって、剥がせて、容量パックを差し替えることができるという
感動。誰もが興奮したことだろう。しかし、レア社はこれよりも
凄いゲームの機能を実装しようとしていた。それについて詳しくは
http://ryoryoau24.hatenablog.com/entry/2013/06/28/185640
を参照。

どうぶつの森シリーズ
CMの内容によって、
「ついに僕専用の部屋ができるのか~(ゲーム内で)」という
意味で感動。

カードeリーダー
え?知らない?これ、あんまり売れなかったんだけど、
カードを使うことによってできるゲームは当時は感動だったなぁ。
まぁ、今は「何これ詐欺?」と思うんだけどね。

コンカー:Live and Reloaded
まさかの『Conker's Bad Fur Day』が日本でもできる感動。
発売中止になったからなぁ、日本では。

スーパーマリオギャラクシー1、2
美しい宇宙の光景、オーケストラで演奏する曲の美しさには感動。
そして、何よりも、マリオが宇宙を冒険するということ。
これは凄いなぁ、と思いました。僕だけですか?

ニンテンドッグス+キャッツ
ついに猫が飼えるニンテンドッグスキター!!まぁ、これよりも、
犬型ロボットの方が感動できたような気がするけど。

毛糸のカービィ
星のカービィWii』が開発再開されると思っていたが、どうやらこれは
星のカービィWii』ではないようだ・・・。
まぁ、それが分かる瞬間までは感動できたと言っておこう。

ドンキーコングリターンズ
復活キターと思っていたら、レア社製じゃないという。残念。
だが、レア社じゃないと分かるまでは感動していたと言っておこう。

星のカービィWii
誰もが待っていた『星のカービィWii』がついに開発再開。もう6年も
待っていれば、それだけ発売された時の感動が大きいでしょう。
ちなみに、曲については64風の曲があって感動したなぁ。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
おお!敢えての神トラの2だと!?という感動。いや、名前を変える場合も
あるけどね。

ドンキーコングリターンズ トロピカルフリーズ
ついにDavidさんキター!!!という感動。すごい豪華だわぁ・・・。

今回はこのくらいにしときましょう。