K3の住民

最近はレア社のゲームについては書いていませんが、一応レア社のゲームが一番好きな人です。『雪圀』で"圀"は"国"とほぼ同義ですが、国ではありませんって当たり前か(笑)。

おい!どうした岩!(フェニックス風)

最近、テラビモスさんのブログが更新されてない件www
中古のゲームって何なんだよ・・・。

というわけで、今回はフラッシュゲームのレビューでもしますか。

今回は、『人生オワタの大冒険』のレビューです!

このゲームでまず言えること・・・。それは鬼畜すぎると言うことである。
まずは最初から。浮いたリフトに乗ると、下のとげが上がってくる。最初から
不意打ちである。まぁ、この通り、初見殺しが多いフラッシュとなっている。
初見殺しは慣れれば通れるようになります。あとは、簡単。ボスも。しかし、
tanashinnに対しては強い。これは言える。後は弱い。本当に。

そういえば、最近のバージョンでは、『I Wanna Be The Guy』を元にした
コースも追加された。ちなみに、『I Wanna Be The Guy』は
『人生オワタの大冒険』をリスペクトして作られた作品である。リスペクト元が
リスペクトして作ったゲームを元にするとは誰も想像しなかったであろう・・・。
そのコースの内容は、『I Wanna Be The Guy』そのままの仕掛け。戻っていく
感じである。しかし、違うところも多々ある。
このコースのボスは、まさかの『I Wanna Be The Guy』の主人公の
「Be The Kid」である。ナイトメアの柄のバリアを貼っている。
シューティングモードになるが、こいつ、すごい堅い。体力が一向に
減らない。そのぐらい。しかも、このボス戦の背景はカービィのナイトメア戦
の背景である。この時点で、悪い予感をした人もいるであろう。
なんと、このボス戦、まさかの時間制限つきである。これはひどい・・・。
あの体力で、あの時間制限はきつい。どんだけ難しいの・・・。
さすが、『I Wanna Be The Guy』のリスペクト元。こっちも負けていない。

まぁ、今回はこのくらいか。このくらいにしときましょう。

そういえば・・・。
キェェェェェェェェアァァァァァァァァウゴメモアトトォカァァァァァァァァァァ!